L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
ドリアン・グレイの肖像@世田谷パブリックシアター(8/27)
2009-08-30 Sun 13:49
山本耕史とドリアン・グレイに魅かれて鑑賞。

花組芝居の座長、加納さんの公爵もはまり役(昔、花組芝居の出し物に通ってた前歴アリ)。
あとで知ったんだけど、「サド侯爵夫人」と同じ演出家さんだった。篠井さんの侯爵夫人、また観たい~っ★ あのときの加納さんはめちゃアヤシイ貴族のオバチャン役がきょーれつすぎて若干ひーたわ(苦笑)。

で、肝心の山本くんですが、演出家さん曰く「どんな善人を演じていても、ひょっとしたら、と思わせる悪の香がある」とのこと。まあ、たしかにそんな感じはあるかも。
でも、狂気とか奥深さとかデカダンな部分をあまり感じさせない線の細さやあくのなさ?が、私には少々物足りない(ヘドウィグも然りで三上派)。
そして舞台を鑑賞してる最中、失礼ながら、竜也くんのドリアンが観たい!と思った。
で、二人のドリアンを見比べてみたい。若手ライバル対決、どーですか?>関係者各位(笑)
竜也くんも映画なんてやってないで(爆)お芝居やって~!!(12月にはあるけどさ


たまたま終演後アフタートークがある回で、その際山本くん本人も言ってたけど、後ろでひとくくりにした長い銀髪はまさしくRPGの登場人物のよーだったわ。
このアフタートーク、稽古の裏話などもあり面白かった(毎回通し稽古ってスゴイな~;)。役柄の解釈の仕方により、演じ方や音楽奏法(全編ピアノ生演奏!)が連鎖的に変わっていく話とか。やっぱACT IS LIVE!!

fly_p_090821_dorian_m_pm_img_3.jpg
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<南極料理人 | COMME AU CIEL | 死神の精度@シアタートラム(8/25)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。