L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
MILK
2009-05-30 Sat 14:32
ショーン・ペンがゲイの議員(正しくは市政執行委員でした)を演じるとのことでけっこーキタイして鑑賞。

キタイが大きすぎたせいかちょい物足りなさを感じたけど、ラストで流れる彼の遺書の一節「もし僕が凶弾に倒れたとしたら、その弾があらゆる場所のクローゼットのドアを破ります」(偏見ある世界でゲイはカミングアウトできずクローゼットに隠れていなければならない、という例えからそう言った)がぐっときた。まるで殉教者だな、と。
この映画は実話で、最後の最後に本人の映像がちょっとだけ映ったけど、ショーンよりcharmingだったな~(苦笑) 2、30秒足らずのスローモーションの笑顔だけだったけど、男女問わず惹きつける何かをもった魅力的な人物に見えた。

ちなみに、この映画を観た映画館では実話を元にした映画やドキュメンタリー映画の秀作に出会うこと多し。その点、「潜水服は蝶の夢を見る」や「ヤング@ハート」の感動は超えられなかったかな。

20090119020fl00020viewrsz150x.jpg


いま知ったんだけど、主人公のドキュメンタリーフィルムもあるらしい。ちょっと観てみたい気も。
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<なまきゃらめる | COMME AU CIEL | VAMPSオリジナルUSBメモリ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。