L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
L'7 DOCUMENTARY FILMS/kuroyume the end
2009-03-26 Thu 21:58
昨日はフラゲすら適わなかったものの、発売日に密林より2点到着~★
image-1.jpg

まずはL'7ドキュメントのほーを鑑賞。
すげーすげーの連発。なんかまるでラルヲタが撮ったよーな美味すぃショット満載で(笑)ファン垂涎のお宝フィルムと言えるのでわ。
そしてあのPARISでのステキな数日間が甦ることしきり。けんちゃん、モンサンミッシェル行ったんだ~、趣味いいじゃん♪(バックに入り江が映ってるインタビューショットもココね。左腕の包帯が痛々しい~(;_;))とか、はいでぃはモンマルトル(=巴里版浅草・爆)か~、観光客の王道ね、とか、終始一貫観てるだけでワクワクする。
なにより感動したのは、はいでぃの言葉。言い回しは違うかもしれないけど、セーヌ河のほとりでワイン片手に「バンドはメンバーだけの夢じゃない。スタッフの夢、ファンの夢でもある…休むことは必然、でもみんなの夢を壊してまで止めることはできない」って言ってくれたとき、不覚にも涙腺が緩んだ。はいでぃ、やっぱなんてイイ奴なんだぁぁぁっ(T_T)v そんな人だから、きっと誰もが経験できないよーな濃い~人生を天から与えられたんだろな~。
いまのうちにVで思う存分やりたいハゲシイROCK、やっちゃって~!
あと、けんちゃんもいいこと言ってたんだよな~、いま思い出せないけど(爆) ほんと、今更ながらLって内も外もイケメン揃いだって思ったもん。
てっちゃんの言うことも文字になるとキツく感じるけど、Lのことを思う親心みたいなのが伝わってきたのも収穫のひとつかも。

このフィルムを観れば、世界各地で彼らが上陸するのを首をながーくして待ってるファンがいるんだってことが実感できます。

†††
感動冷めやらぬうち、続けてkuroyume@武道館鑑賞。
当日は西スタンドで真横からステージを観る感じだったせいか、改めてDVDでいろんな角度からステージや客席の映像を観て「ああ、こんな感じだったんだ~」と再確認。
ハゲシイのが魅力の進化形kuroyume、かっけーね★ これで解散しちゃうのがもったいない感じ。まあ、清春サンのソロは引き続き追っていこーと思ってますが♪
清春サンがミスってやり直した場面をカットすることなく収録したり、メンバー紹介の仕切り直しも丸録りだったりと極力編集せずにあの時間と場所が収められてるのがまたkuroyumeらしくてイイね。
しかし、kiyoharu presentsとあるだけに人時の存在感が…ベースソロを除けば、バックバンドの一員って扱い? まあ、外野がとやかく言う問題じゃないけど。
別窓 | L'Arc-en-Ciel | コメント:0 | トラックバック:0 
<<今日の晩ごはん | COMME AU CIEL | 奥深い辛味の世界>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。