L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
今年2度目の仏蘭西旅行記
2008-05-16 Fri 17:43
フランスから帰ってきてはや4日、忘れないうちに旅行記のほーも書いときます★

1~2日目(5/6~7)
今回の旅は行きの飛行機からタイヘンなことに。もー絶対CAには乗らん!!と肝に銘じました。
北京経由パリ行きだったんだけど、北京着が40分ほど遅れ、1時間以上乗り継ぎの余裕があったのに乗り継ぎ便はもー締め切ってるから乗れない、とのこと。乗せてくれ~、と掛け合うも断固NO。じゃあいつの便なら乗れるんだ、ときーたら12時間後の深夜2時発の便だとっ。なに、しんや2じって!? 成田じゃ絶対有り得ないですよね、そんなむぼーな時間。乗り遅れた人用の臨時便か!? はたまた激安ディスカウントチケ用の特別機か!?
そして、係員の態度&対応がまるでなってない。CAのバゲージサービスで「私たちの荷物は予定の便に載ってると思うけどそれはどーなるんだ?」ときーても「こっちではわからんからパリできーてくれ」と調べることもせず丸投げ。(これがのちに大問題となる)
私たちにできることはこれ以上なく、半日空港に軟禁状態に。ちょっと外に出て周りを見渡しても、そこは成田みたいなとこらしく街中からは遠そうだし別に観光なんてしたくなかったし。おまけに外に出た瞬間、なんか目がチカチカ(☆_☆) 間違いなく光化学スモッグだ~!! 黄砂なのか景色がけぶり、ヘンな綿毛もたくさん飛んでる。
空港はオリンピック仕様にするべく頑張ったよーで、とにかくムダに広い。脱力した体で一息つくスペースを探す。欧州系バーガーショップを見つけ注文しよーとするもユーロ、円、そしてカードすら使えず中国のカネオンリーとのこと。でも両替するのは絶対イヤだったので店を出て、日本語表示がある隣の店へ。韓国料理屋だったけど、カードOKとのことだし移動するのもめんどくさかったんでそこで妥協。頼んだビビンバはまあまあ。でも値段が高い!! たしかカフェモカが700~800円ぐらいした。どーりでガラガラなわけだ。
しばらくそこでまったりしてから、長居できそーなフリースペースのソファ(ってかベンチ?)へ移動。うだうだするのに飽きるとまた空港内をうろうろ、そして別のベンチでまたうだうだ…なんか、出国できずにこーやって空港に暮らしちゃう人の映画観たことあるな~、はーー(タメイキ) いかんいかん、そんなそーぞーをしてはっ。現実になったらどーするっ(爆)
そして長い長い12時間も過ぎ、よーやく2時発の便へ。ここからまた12時間くらい狭い機内にいなきゃならないのかと思うとどんより。でも乗らなきゃパリには着かないので、機内ではなるべく寝よう!と誓う。でも結局寝られたのはほんの短時間で、それ以外はお尻や背中が凝ってそれが気になって寝られない。ほんと、いつも以上に長い長い旅路でした。
パリ着は翌日朝(同日着が売り文句だったのに)。ここでもどこへ行けば荷物について聞けるのかわからず、インフォメーションで案内された空港内いちばん奥にあるバゲージサービスへ。私たちの荷物は夜届くとのことでそのころまたここまで来い、と言われる。めんどくせーと思いつつ(こーゆーときは「ホテルに送れ!」と言いましょう。それが正しい対処法です)いったんパリ市内のホテルへチェックインし(お部屋は4つもベッドが入った広々した角部屋で二方にあるフランス窓がステキ♪)、念願のホテル隣の美しい教会をまず訪問した後、初めてパリを訪れる相方さんのためノートルダム寺院やエッフェル塔などを観光。じつはエッフェル塔を間近で見るのは初めてだったけど、ほんとにでかかった~!
そして夜、再度空港へ出向く…が、相方さんの荷物はあるものの、私のがないっ!!
慌てて係員にきくと「1個しか届かなかった、もう1個は明日か明後日かその後かいつ届くかわからないけど待て、届き次第ホテルへ電話してから届けるから」だと。なんじゃ、そりゃ。でもこっちはどーすることもできないので、脱力の極みでパリへバック(T_T)
着替えや日用品一式スーツケースに入ってたので、仕方なく必要最低限のものを相方さんにお借りする羽目に。こーゆーことがあると、自分が普段いかにいろんなものを使ってるかがわかるね。なんとかライブ前には届いてくれ~!と祈りつつお風呂に入ってから寝るが、荷物のことが気になりなかなか寝れない。なくなっちゃったのかな~、とか悶々として眠りも浅い。

3日目(5/8)
せっかくパリまで来てるんだから楽しまなくちゃ、と気持ちを切り替え、以前行ってみてイイ感じだったパリ近郊の街サンジェルマンアンレーへ。駅前に王様の出生地だというお城(いまは博物館)と教会があり、その隣にすごく広大な庭園が。真夏のよーな暑さで抜けるよーな青空の下、お散歩。暑いけどキモチいい~! 芝生の上で日向ぼっこしてる人多数。庭園はちょっと高台にあるらしく、柵から下を見下ろすと煉瓦色の屋根がたくさん並び、遠くには橋を渡る電車やパリのビル群も見える。
その後、通りかかったクレープ屋にてランチ。私はハム、チーズ、卵のガレットと辛口のシードルをオーダー。どっちも美味でした~♪ ガレットはボリュームがあって、食後に甘いやつもすすめられたけど、そんなに食えない~(苦笑)
食後はウィンドーショッピングしてからモーリス・ドゥニ美術館へ。ここは元修道院で、画家がステンドグラスなどの内装を手がけたチャペルがあるとのこと。こぢんまりとしたチャペルは天使がたくさんいて、ほんとに美しかったっす★
そしてパリに戻り、ちょっとホテルで休憩した後、明日のライブのために完徹するという相方さんに付き合いライブ会場へ。
会場はウワサどーり公園のなかにあり、もーすでに並んでる人がけっこーいました。しかも思ったよりガイジン率高し!(日本人のほーが少なかった気が) ゲートはいくつかあるらしくそれぞれ列をなしてて、相方さんが並んだ列の先頭は3日前から並んでるドイツ娘3人組でした。気合い入ってるな~(^_^;)
すぐ前に並ぶドイツ人2人組とつたない英語でおしゃべり。らるくの他にはmiyaviやガゼットがお気に入りで、ガゼ@ミュンヘンにも参戦したそーな。こっちは夜9時過ぎまで昼間のよーな明るさで時間の感覚が狂いがち。9時半ごろよーやく暗くなってきたので、明日の再会を約束しておいとま。
スーツケースが届いてるかドキドキしながらホテルへ。でも北京からの便が着く夕方に電話かかってこなかったしな~、と思いつつフロントにきくと届いてない、とのこと。がっくり。明日はもーライブだよぉぉぉ。仕方なく、ちまちま洗濯してたら電話が。「いま届いたよ」とフロントから!!
きゃぁぁぁっ。ギリで間に合った!! このときはかなりうれしかったっす★(しかし事前の電話連絡はどーしたんだっ、をいっ凸)
でも、ライブ前のこーふんもあいまってこの晩もそんなに爆睡できなかった(^_^;)

4日目(5/9)
ついにライブ@パリ当日!!
体力温存のためホテルでまったりした後、個人的に行きたかったある店へ。その店の前にでっかい教会があり、入るとかなり人が集まってて前のほうに行って花などを捧げてる。行ってみると、そこにはリジューの聖テレーズの聖遺物が。どーやら期間限定で公開しているらしい。手を合わせて教会を出てから、その近くのいつも行くラーメン屋で味噌ラーメン&半カツ丼セットを食べてけんちゃんのよーにゲンを担ぐ(こじつけ) そしてモノプリに行き、いろいろ物色するもイマイチ。足も痛くなってきたのでオペラ座前からメトロでホテルへバック。
少し休んでから、いざ会場へ! 開場時間もほど近いのでかなりの人、人、人!!
公式ツアーの団体さんが日本人添乗員に引率されて1列で中に案内されてる。最優先か?
それほど待つこともなく開場。(以下ライブに関しては前記事参照)
ライブ後、相方さんと落ち合う。彼女は無事最前に行けたけど、ぐいぐい後ろから押されたらしく辛かったらしい。そして美しいはいでぃかぶりつきのおかげで、何の曲をやったのか記憶がないそーな(笑)

5日目(5/10)
朝から現地発ツアーでモネゆかりの地、ジヴェルニーへ。
5月~10月?の期間限定だから前回は行けなかったのだ。
いや~、睡蓮の池はモネの絵そのものでした(時期的に睡蓮の花は咲いてなかったけど) モネの時代から変わってないんですね。
庭園のほーもほんとに色とりどりのいろんな花が咲き乱れててキレイでした。この日もピーカンですごく暑かったけどね。
ツアーバスは午後にベルサイユ宮殿観光する人たちも同乗してるベルサイユ経由パリ行きだったんだけど、ベルサイユに着いたとき寝てる相方さんを起こしたら、ここで降りる!と急に言い出し急遽下車(爆)
私は3度目のベルサイユでしたが、まあ久々だし、いっか、と。休日のせいかチケット売場は長蛇の列。30分ほど並んでから中へ。中も超混雑。ベルサイユはやっぱ変わらずベルサイユでした。日本でいうとキンキラキンの金閣寺か?(笑)

6~7日目(5/11~12)
早くも日本帰国の日。
空港へは夕方行けば良かったんで、チェックアウト後スーツケースをフロントに預け、それまで観光することに。
ホテルを出るとお隣の美しい教会で日曜のミサをやってる最中だったので、途中参加。カト信者の端くれなので、しっかり聖体拝領させていただきました。拝領直前、神父の「キリストの体」というフランス語に「Amen」と答えたとき、なんかじわじわ感動。そうそう、聖体拝領の前に周りの人たちと和解の挨拶をする儀式(平和の挨拶)があるんだけど、そのとき最後列に座ってた私のところまでずんずん侍者の少年がやってきて握手してくれたのもうれしかったな♪(日本だと前後左右の人に会釈する程度)
清々しい気分のあとは、前回行列しててあきらめたラデュレへ。
今回はサンジェルマンの店舗へ行ったら全然並んでなくて肩透かし。
カフェで念願のミニマカロン4個セットとカフェをいただく。ピスタチオとバニラとフランボワーズとレモンを選んだけど、ピスタチオが美味~(^∇^) 次がバニラ♪ あとのふたつは甘すぎかも。
カフェでまったりした後どこに行こうか迷った末、日曜でもやってそうかも(ヨーロッパの日曜はほとんどの店がクローズ)ということでレアールへ…行こうとしたんだけど、入ったメトロ入口が反対側のホームで、じゃあモンパルナス方面だからモンパルナス墓地に行こう!ってことに。パリには大きな墓地がいくつかあり、写真集もあるほど見応えのあるお墓が多いらしく一度は行ってみたいと思ってたし。
実際行ってみたら、広い墓地にお墓がびっしり! それぞれの家ごとの小さな祠(ほこら)にはステンドグラスまではまってたり。本物の花かと思ったら枯れないセラミックの花だったり。フランスの人たちが自分の家のお墓を大切にしてるのがわかりました。ここは有名人も多く眠ってるそーで、てっちゃんが好きな?シャルロットのパパ、セルジュ・ゲーンズブールの墓標にはファンからの贈り物がいろいろ捧げられてました。
その後、空港に行くにはまだ時間があったのでレアールにも行ってみたけど、店はクローズ。近くのサントゥスタッシュ教会でいままでの感謝と帰りの無事を祈りマリア様に蝋燭を捧げてから、相方さんが外観だけでも見たい!というのでルーブル美術館へ。相変わらず暑かった~!
そしてホテルに戻り、預けてたスーツケースを受け取ってタクシーで空港へ。
帰りの乗り継ぎはもともと1時間しか余裕がなかったんで、こりゃ絶対予定便に乗れないな、と思ってたら案の定。北京到着10分遅れでアウト、3時間後の便に振り替えられて翌日夜帰国。

以上、行きも帰りも飛行機に泣かされた旅でした~。
再度言うけど、もーぜったいCAには乗らん!! 欧州行くときは、せめて欧州系使うのが正解ですね。
別窓 | TRAVEL | コメント:0 | トラックバック:0 
<<非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 | COMME AU CIEL | mais oui, il y aura un DVD du concert.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |