L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
Studio Life「夏の夜の夢」
2008-04-18 Fri 22:29
なかなか面白かった★
懐かしい役者Yさんが登場したり(この劇団の芝居は10年ほど前から観てたりする。彼のユーリは特筆もんでした。ってまたまにあっくな)、芸達者な役者Hさんがキタイを裏切らない名演を見せてくれたりと、注目すべき点は少なからず。原作は知ってのとーりシェークスピアだけど、ミュージカル仕立てでクラシックな感じは皆無。
が、しょーじき中だるみした~。そのせいか、薄い座席のクッションのおかげでお尻の痛さのほーに気がいっちゃう始末(-_-;)(ほんとに入り込んで観てるときってそんなこと忘れちゃうのだ) とくに、公爵の婚宴の席で披露する演劇のために村の劇団メンバーたちがあーでもないこーでもないと稽古に励む場面。このドタバタが長すぎでわ?

長丁場の芝居中、舞台狭しと駆け回るシーンが多く、さぞや役者さんたちは消耗するだろな~。初日から飛ばしまくって2ヶ月(だっけ?)の公演、大丈夫なのかしらん、と思ってたら終演後の舞台挨拶で「このまま楽日まで体がもつか心配です」と冗談めかして言ってる役者さんがいて、そうそう、私もそー思うよ、と心の中で同意。

ミュージカルやるならもーちっと皆さん、お歌の練習してほしいかな~(^_^;)
(なかにはうまい人もいたけど少数派)
あ、妖精王&女王のハデハデ衣装、ステキでした♪(と思ったら衣装全般担当は妖精王自身らしい)

あと、女役はやっぱ小柄なほーがムリがなくて有利ですね。
公爵の婚約者、美しかったっす♪(セリフはあんまりなかったけどね)

あ、あと妖精王が獅堂に見えちゃって(爆)


別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ガゼット@代々木第一体育館 | COMME AU CIEL | 東京メトロにあらず>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。