L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
清春@新宿ReNY(10/14)
2016-10-16 Sun 18:21
この日は上手側の後方椅子席にて鑑賞。
セトリが好みだったせいか、個人的には満足度高し。1曲目から、孤独な誰かに向けて終始歌いかけてるような印象。そして、相変わらず進化を続けるカリスマを再認識。あと、今回感じたのはどの曲も歌詞をしっかり伝えようとして歌ってたような。ボブ・ディランが文学ではなく歌詞でノーベル文学賞を受賞したし、歌詞は侮れないよ、ほんと。カリスマもほとんどの曲、歌詞とも自作自演。そのどちらも素晴らしいから、そのうち受賞する(以下ry

印象に残ったのは、以下の曲たち。
カーネーション、いままで何度かライブで聴いてるけど、過去最高に良かった。こっちの心持ちにフィットしたせいかな。
And I can't…、やっぱりこの曲の切なさにやられる。
The Godsend、あのイントロが流れるとその場の空気が一変する感じがいい。ディープな景色を垣間見てしまう感覚。
続く百合の花束は、前曲の世界観を崩さない自然な流れ。
MOMENT、不動のマイベストなので。
tanatos、輪廻、noteは亡くなったお父様に捧げたもの? もしやご命日は10月?(違ってたらスミマセン)。
アロン、最後に二本指を立ててひとりじゃないよ、とアピールするいつものゼスチャー。
ナザリー、冒頭の耳元で囁くような英詞部分と熱を帯びたサビ部分のコントラストが好き。
オーラスは至上のゆりかご。言葉はいらない。言い尽くせないから。

ステージをはける際何度も立ち止まり、静止して客席に両手を振るカリスマ。なんとなく、その場を立ち去りがたい印象を受けた。いつも変わらぬ感動をありがとう♪

MCで、渋谷は近くていいけど新宿は遠いなー、と言い放ったカリスマですが、個人的には新宿ReNYのほうが好きです(微笑)



†††
以下、セトリ。

1.たったひとり
2.Beside you
3.カーネーション
4.五月雨
5.dance
6.And I can't feel nothing
7.The Godsend(カバー)
8.百合の花束
9.夢心地メロディー
10.瑠璃色
11.MOMENT
12.tanatos
13.輪廻
14.note
15.アロン

EN
16.ナザリー
17.I know
18.至上のゆりかご
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<サンクトペテルブルク&モスクワの旅(10/18〜10/23) | COMME AU CIEL | 清春@渋谷duo MUSIC EXCHANGE(9/27)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。