L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
清春@マウントレーニアホール(8/29第一部&第二部)
2015-08-30 Sun 18:52
1部は譲ってもらったチケが最前列で、目の悪い私でもカリスマがちゃんと見えてうれしかった♪ 端っこだったからちょっと首が疲れたけど、聴くだけじゃなくてちゃんと目視もできる近さってスバラシイ\(^o^)/
おまけにこの回のセトリ、DARLENE、moment、adoreをはじめとして好きな曲ばかりで★
そのほかに印象に残ったのはSHARON、泥沼…、MELANCHOLY、crowあたり。
SHARONはサビに至るまでの歌詞とメロディが好き。泥沼…、清春サンは天性の詩人だなーと思う。こうやってちゃんと詩とメロディを堪能できるプラグレスはやっぱ最高。MELANCHOLYはカリスマという沼にどっぷりハマるキッカケになった九段会館でのライブがフラッシュバック。九段会館のあのレトロな雰囲気と清春サンの醸す空気がジャストフィットだっただけに、震災で会場が使用できなくなったのは本当に残念。crowも然りで、あのときバックスクリーンに映ったモノクロの映像とともに思い出す…”白鳥は 哀しからずや 空の青 海の青にも 染まず漂う”っていう短歌も。
アンコールのEMILYからのMELODIESも通常ライブの流れを思い出させて良かったな。

2部は1階後方上手側にて。
定時より5分ほど遅れていったらもう始まってた(爆) んー、読めないw
1部に続き、2部のセトリも好みだった♪
REVOLVER、sad pain、影絵、この孤独な…、そして僕は…、空、room、TANATOS、そしてMaria's disappearと、印象に残る曲のオンパレードで。
TANATOSの前奏で、清春サンが死神タナトスの御前に捧げるかのように紫煙をまっすぐ上へと漂わせてて、煙も立派な小道具のひとつだなーと。蠍座は死と密接した星座(性も然り)だから、カリスマがこういう歌を作るのも蠍座の血のなせる業か。絶望のマリア、歌ったあとカリスマも”いい曲だね”って言ってたけど同感。やっぱ天才は若かりしころから頭角を現すもんよね。音源化を望む声も多いようなのでぜひ★




†††
以下、セトリ(順不同。抜けアリ)

1部
DARLENE
moment
SHARON
ブルー(カバー)
GOD SEND
adore
泥沼に浮かぶ花
ALSTROEMERIA
MELANCHOLY
妖艶
crow
Glass Valle's Oar
EMILY
MELODIES


2部
JUDIE
Club HELL
garret
退廃ギャラリー
REVOLVER
sad pain
Maria's disappear
影絵
この孤独な景色を与えたまえ
そして僕は拒絶する

room
TANATOS
loved
涙が溢れる
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<清春@マウントレーニアホール(11/27第二部) | COMME AU CIEL | 清春@マウントレーニアホール(8/28第一部)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |