L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
清春@マウントレーニアホール(6/6第一部&第二部)
2015-06-07 Sun 22:03
1部は1階上手側中ほどにて鑑賞。
セトリも衣装もストライクだった! 衣装は黒のグラデーションを体現したような…ハットとパンツは漆黒、ロングストールは裾へ向かうにつれグレーになるグラデ、ゆったりしたシャツはチャコールグレー?、そしてエナメルのブラックシューズ。長いストールを前面により長く垂らしたシルエットの完璧さよ。
「百合…」に「寡黙を…」、大好きなので軽々とカリスマワールドへトリップ。「憂鬱という…」の「憧れのロックスターになりたいだけだった…」のリフレイン、痛いほど気持ちがこもってた。
そして「夢」の「僕の夢のなか入り込むその自然さを…」という一節に震える。
聴くたび、ほのかな痛みが疼くようなFinaleはサビの一部をマイクなしで…だから一層リアル、でもうれしい。
pledgeでは「伸ばす手をさわって…」でカリスマが開いた手を前に伸ばす。束の間、指の長い白い手に魅入る。最後の一節、「理想に、心に、純粋なままでいよう」がまっすぐ心に響いた。
本編後半の「空白…」、いわずもがなの名曲。否応なく年老いた親のことが脳裏をよぎる。
そして本編ラストはこの日いちばん強烈なインパクトを残した「ゲルニカ」! なんだろう、あの神がかったcreatureは…! 何かを召還してるとしか思えない(←至って真面目)。「黒と羽…」の一節で黒いストールを翼へと変容させる仕草がまたなんとも。
なのに、MCでは老眼になりつつあることを暴露しちゃう清春サン…ギャップありすぎww
オーラスは「至上のゆりかご」。「落下点はそう、あなたの寂しさ…」で会場中の”あなた”が震えたに相違ない。ラストにふさわしい至上の名曲。

2部は2階前方下手寄りにて。
雨模様にふさわしい「五月雨」で幕開け。思えば清春サンの曲って雨に似合う曲がたくさんありそう。
そしてこの回はカバー曲が2曲。何度か聴いた「ブルー」と「ロング…」。2曲ともカリスマの音程に合ってる。
私事ですが、昔渋公であった稲垣さんのライブチケを買ってたにも関わらず、当日すっかり忘れて行けなかった苦い思い出があり…以来、一度も彼のライブには行ってない。行ってたらはまってたかもしれないのに(苦笑)。まあ、カリスマと違い、縁がなかったのですね。ほんと、未だに九段会館での運命の出会いに感謝してる+ あれがなかったら、ここまで通ってなかったかも知れないし。出会い、大事。
Fugitive、安定の名曲★ Feeling…もCRY OUTも、プラグレスでもめっちゃROCK♪
そしてずっと聴きたかった「闇」、キターーーー\(^O^)/ こんなに優しい響きの「闇」を聴けて良かった。いつかまたビオラを従えて歌ってほしいな♪
アンコール2曲、体をくの字に折っての熱唱。カリスマがときどき曲の最後にはぁっと溜息をもらすことがあって、いかに体力を消耗するか感じてたから、最後の最後に力を振り絞ってる姿に圧倒されました。




†††
以下、セトリ。

1部(順不同)
百合の花束
寡黙をくれた君と苦悩に満ちた僕
And I can't feel nothing
憂鬱という名の夢
Nothing
Sherry

Finale

pledge
ALSTROEMERIA
空白ノ世界
ゲルニカ
----------------
loved
至上のゆりかご

2部
五月雨
PERFUME
MELANCHOLY
SITAR
ブルー(カバー)
ロングバージョン(カバー)
Fugitive
SOLITUDE
PEAP
狂った果実
Feeling High & Satisfied
CRY OUT

-------------
アロン
麗しき日々よ
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<清春@マウントレーニアホール(6/12第一部&第二部) | COMME AU CIEL | 清春@マウントレーニアホール(6/5第一部&第二部)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。