L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
最近観た映画6本
2014-11-03 Mon 17:24
「リスボンに誘われて」
ジェレミーおじさんが結構好きだし、リスボンが舞台ってことで鑑賞。
結局、リスボンの街自体にスポットはまったく当たらず名所旧跡の類いはほとんど出てこなかったけど(坂道と路面電車は出てきたw)、深みのあるいい映画だった。きっとこれはベストセラーの原作が素晴らしいんだろな。
終盤にちょっとした種明かしがあったり、最後の最後にいちばん泣けるシーンが用意されてたりして…ある程度の年齢に至った人たちはあの場面で必ずグッとくるハズ。若者にはわからない感覚かも。
あ、シャーロット・ランプリングのブラコンの妹役も良かったです♪


「祝宴!シェフ」
2時間半の長さをまったく感じさせない台湾映画。面白かったーー!! 精神的に疲れてるときにこーいう映画を観ると気持ちが晴れるね♪ ひと昔前の日本のベタなお笑いっぽい感じも和む〜。
主人公の女の子(釈由美子似?)も可愛かった! スタイルいいし、突き抜けた明るいキャラがアイドル志望の役柄にピッタリ。
正直、宴席料理は普通の中華と違ってあんまり心魅かれなかったけど(どんな味か想像つかないようなメニュー多しw)。
吹替版で鑑賞したところ、台南が台湾の南部だからって理由なのか博多弁って設定には驚いたww 観てるうちに違和感も薄れ…なかったけど(爆) でも月並みな関西弁や東北弁にしなかったところにこだわりを感じるね。字幕版も機会があれば観てみたい!
続編も作ってほしいなー。ああああ、台北のレトロな空気感が懐かしいー、今度行くときは台南まで足を延ばすぞーー!!
撮影オフショットのエンドロールも笑えるのでお見逃しなく! ママの体のキレ、ハンパないww


「天才スピヴェット」
10歳にして天才科学者なのに、負い目や引け目を感じて生きるスピヴェット少年が痛々しく健気。そんな彼が家出同然で権威あるベアード賞の授賞式へ出席するべく、ひとりモンタナからワシントンまでの長い旅に出る。普通だったらそんな名誉ある受賞、家族総出で諸手を挙げて大喜びで送り出すところなのに。
そして、旅路の途中で捕まりそうになったりしながらさまざまな人との出会いを経て目的地に辿り着くも、授賞式で彼が明かしたことは…思わず涙腺が緩む。
でもあのヘレナ・ボナム・カーター(好きだー!)演じる母親の登場で救われたね。彼女のあの行動は爽快だった!
家族のなかで子供は遠慮なく子供のままでいていいんだよーーそんなメッセージが伝わってきた。
(しかしこの映画、3D版もあるらしいけどその意味は果たしてあるのか?)

「フランシス・ハ」
NY在住27歳微妙なお年頃の等身大女子の日常を覗き見てるような、ドキュメンタリーフィルムみたいな映画だった。全編モノクロなのも、ドキュメンタリーの触感を加速。
中盤以降、つぎつぎと彼女に不幸なことが重なりどうなることかと思ったけど、結果オーライで良かった。
そう、月並みだけど人生山あり谷あり。生きるってそういうことなんだ、きっと。

「FRANK」
独自の音楽世界を生み出すメンヘラ系集団のクローズドなバンドに、ひょんなことから加入した音楽的才能のないごく普通のキーボード男子ジョンとの物語。
特筆すべきはこのバンドのリーダーであるフランクはどっかのキャラクターにありそうな大きなかぶりものを24時間かぶってて、その精神疾患に対する診断書まで持ってる。入国審査のときも診断書のおかげで、かぶりもののまま入国できちゃうほど(ってそんなこと有り得るんかw)。
長期レコーディングでメンバー全員山荘にこもることになり、仕方なく会社を辞めたジョンは独断でツイッターやyoutubeにレコーディングの様子をアップし続ける。ネットでそれが話題となり、有名音楽祭への出場が決定。でもフランクはそのライブで…と、ある意味予想どおりの展開。
有名になりたいと思う凡人ジョン(レコーディング中の逼迫した財政は彼の親族の遺産から捻出してたから儲けたいとも思ったのかも)とフランク率いる非凡人たちは住む世界が違いすぎた。ラストシーンにも納得。
フランクを理解し愛するエキセントリックなバンドメンバーのクララ、絶対観たことある顔だと思って調べたら「ヒステリア」の人かw


「美女と野獣」
レアちゃん、不機嫌で飾らない美女ベル役がお似合いだったわー♪ 色とりどりのドレスは色白でグラマーな彼女によく似合ってた! ディズニーアニメのほうは観たことないけど、想像するにあっちとはきっと違うキャラのベルだと思う。
でも、レアちゃんにはハリウッドっぽいエンタメ作品にはあんまり出てほしくないってのが正直なところ。ファンとしては良質なフランス映画に出続けてほしい。ゲーム世界みたいなバトルシーンとか似合わんわ。
野獣役のヴァンサンはもともと肉食っぽいルックスってことで、ナイスキャスティング!

別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画3本 | COMME AU CIEL | 首藤康之 DEDICATED 2014 OTHERS@神奈川芸術劇場(10/25)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |