L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
清春@新宿ReNY(9/5)
2014-09-07 Sun 15:42
ひさびさのソロ、とっても楽しみにしてました★
今回は新宿にオープンした新しいライブハウスのこけら落とし公演として、晴れて清春さんにお声がかかったそうで(ご本人は、なんで僕なのかわかんないんですけど…と謙遜してたけどw)。新宿ReNYさん、お目が高い! そしてこのハコ、ステージ高くて見やすい! いままでのハコだと、首から下が見えない〜!とか、人頭の隙間から見え隠れするスターを垣間見るってことも多かったんだけど、ここはバッチリ!(これを機にほかのライブハウスさんもステージを高めに設定していただけると有難い) アクセスも西新宿駅直結で便利! ひとつ難を言えば、会場入口が下手側にしかないから先に来た人たちが奥(上手側)に詰めないと、あとから来た人たちがロビーに溢れる事態になることか(開演直前にスタッフが交通整理してたけど)。

ただいま絶賛全国ライブツアー中の黒夢さんのライブへは今回行ってないのでよく知らなかったんだけど、いつも定時開演を目指してるらしい。でも今回はソロなので…安定の押し(爆) 予定より20分ほど遅れて開演。そして安定の計4時間弱! ひさびさのスタンディングで足痛かったけど、これも幸せな痛み?w

本編は黒づくめの衣装で登場の清春サン♪ 首もとがドレープになってて…ちょっとモーリーさんっぽい?
ちなみに今回のセトリは「流れとしては不自然かもしれないけど、自分が歌いたい曲を選んだ」とのこと。でも予定調和なセトリより、新鮮で良い!

今回とくに印象に残ったのは、好きすぎる名曲♡Moment、深い海、影絵、流星、Mellow、ベロニカ、五月雨あたり。
「Moment」を歌い終わったあと「いい曲だよね」って小声で言ったのを私は聞き逃さなかったw そう、これを名曲と言わずしてなんと言おう?(否定形肯定文)
「深い海」、プラグレスで何度も聴いてたけど、今回はすごくグッときて…毎度言ってるけど、ライブってナマモノ。歌もつねに同じってことはない、変化する。聴き手側の心情もまた。薄暗く青い光に満ちた空間はまるで海の底のようだった。間奏で、水の入ったグラスから手のひらにゆっくりと水を垂らす清春サン…そういえば、今回は「地獄の三夜」での役者清春サンの姿が頭裏をよぎるような表現者っぽさを感じる場面が何カ所か。
そして「影絵」も「流星」も「Mellow」もとっても優しく丁寧に歌ってて、清春サンのファンに対する愛が溢れてた。こちら側の愛ある視線や伸ばした腕に清春サンも呼応したような。愛は伝播するのだ♡

アンコールでは黒から一転、白いシャツ姿で登場。
ここからはアンコール定番曲が続く(ところでFeeling High…ってやったっけ? なんか別の曲だった気がするんだけど…気のせい?)。

ライブ中、ずっと感じてたこと。清春サンはさながらヒーラーみたいだな、と。ファンは彼に救われる羊の群れ? アブナイ新興宗教なんかにハマるより、ずっと安全で癒されるあの空間。清春サンが「ひさしぶりに自分の歌声がちゃんと聴こえるライブですw」って言ってたけど、私はあの歌の世界にどっぷり浸れるソロがやっぱりいちばん好きだ。




†††
以下、セトリ。
今回は清春サン自らツイッターでセトリをアップして下さってたので助かりました♪(←いつもネットでセトリ探しに奔走してた人)

予感
Confusion
FAIDIA
JUDIE
五月雨
Dance
影絵
堕落
流星
Mellow
Moment
ベロニカ
アリス
深い海

I know
Allien Masked Creature
COME HOME

EN1
UNDER THE SUN
輪廻
MELODIES

EN2
タランチュラ
Feeling High & Satisfied
マークはバタフライ
HAPPY

EN3
涙が溢れる

EN4
EMILY
あの歌を歌って

<追記>
やっぱりアンコールは一部差し替えがあったようで。以下が正解ですね。
EN1
Wednesday
RUBY

EN2
UNDER THE SUN
輪廻
MELODIES

EN3
Tarantula
マークはバタフライ
HAPPY

EN4
涙が溢れる
EMILY
あの詩を歌って
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画2本 | COMME AU CIEL | 最近観た映画2本、演劇1本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |