L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
最近観た映画5本
2014-08-10 Sun 14:29
「STAND BY ME ドラえもん」
ドラえもんなんてテレビでも映画でもまともに観たことなかったんだけど、かなり良かったーーー!
この映画は子供向けというよりむしろ昔子供だった大人向けな気がする。小学生時代を思い出して懐かしくなる。
そしてなにより心をくすぐられるのは、けなげで優しいドラえもんの姿。猫型ロボットのくせに泣かせるぜっ(T_T)v 大山のぶ代さん亡きあと別の声優さんがドラえもんの声をやってるんだけど、たとえばのび太くんに質問するときの語尾とか切なすぎて…「それでものび太くんはひとりでやっていける?」なんて真摯に問われた日にゃ涙腺崩壊。
ラストもまたウィットに富んでて、最後の最後まで泣かせる涙活最適映画ですw
いつもの平面的なアニメと違い、立体的なキャラ映像も最初はちょっと違和感あったけどすぐ慣れたわ。

「宇宙兄弟#0」
原作にもない、番外編のようなお話。
このシリーズは以前やった実写版映画しか観てないんだけど、なかなか面白かった。
私は一人っ子なのでライバルっぽい兄弟関係は未経験だけど、あーいう感じはなんとなくわかる。子供のころ姉妹の従姉妹と遊ぶと彼女たちがまたそんな感じでw 姉より妹のほうが活発で大人ウケも良かった。下より上のほーがプレッシャー大きそうだなー、それによって伸び悩むこともあるんじゃないかなーなんて思ったり。
デキル弟とコンプレックス兄の姿を見てて、そんなことをふと思い出した次第。
あ、豆腐屋のエピソードはちょっとあざとさもあったけど結構笑えましたw

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」
主人公パガニーニを演じたバイオリニスト、役にピッタリはまってたなー。なによりバイオリンの演奏が素晴らしい!(5億円のストラディバリだそーな) もっと聴きたいー!と思わされたわ。
原題はたしか「悪魔のバイオリニスト」だった気がしたけど、邦題もこれにすれば良かったのに。パガニーニをスターダムにのしあげるもそれ以外のことでは足を引っ張るウルバーニが悪魔で、彼に魂を売ったパガニーニはさしずめファウストといった感じだし。
パガニーニが心を奪われる少女シャーロットのコロラトゥーラソプラノもイノセントで心洗われたわ♪ あれが口パクなのか否かがちょっと気になるところ。
そしてエンドロールでヘルムート・バーガーの名を発見してビックリ! たぶんいつも美少年を隣に従えてた老人役よね。ホモの金持ちじーさんか〜、と思ってなんとなく観てたけどまさかバーガーだったとはっ。今一度見返したい!w(てか、未だ現役なのね)
余談だけど、映画館で隣に座った女性が総菜とおにぎりを食してたようで、鑑賞中煮物っぽい匂いが漂い少々興ざめだったわorz



「グレートビューティー 追憶のローマ」
途中までは主人公の老作家が身を置く空虚なセレブ社会のどんちゃん騒ぎがメインでちょっと退屈だったけど、中盤から後半にかけてぐっと引きつけられた。そして見終わったあとにもう1回観て再確認したいかも、と思わせる作品。
友人たちが哲学的な会話をするシーンや、マザーテレサを思わせる老シスターの「貧しさは語るものではなく体験するもの」という言葉が心に残る。
ラストはローマの川を下りながら街並を映した映像で、バチカンのサンタンジェロ城が見えた時点で城へ続くサンタンジェロ橋のあの美しい天使たちの像が映るかも…と期待。最後の最後に天使たちの映像でThe End。ローマにはパリのような格別な思い入れはないけど、あの橋は大好き♪

「人生はマラソンだ!」
世間の評判はそれほど高くないようだけど、予想以上の佳作。
こーいうお話ってイギリスのブルーカラーの十八番ってイメージだけど、今回はオランダ。
おっちゃんたちがご期待どーりの言動でスルメみたいなイイ味出してる。好き嫌いは別としてw
ストーリーは起承転結の法則に則ってて非常にわかりやすい。悪くいえば先が読めるけど、ラストの彼らの行動は大胆すぎてちょっと読めなかったわーw ってイイんか、あんなことしても!? さすがノールールなおっちゃんたち、ムチャするわ★
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画3本 | COMME AU CIEL | 最近観た映画3本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。