L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
最近観た映画2本+α
2014-04-20 Sun 15:05
「テルマエ・ロマエ2」
だいたい続編って本編より失速するのが常だけど、テルマエは続編もすごく面白くて、むしろパワーアップしてた気がするw
最初はラテン語でしゃべってたルシウスと真実が、「お疲れさまでした。これからは日本語でご覧下さい」ってテロップのあといきなり日本語になるとか、ルシウスの定番ウォシュレットネタとか、奴隷が自ら働くマッサージチェアやもぐら叩きやトイレのBGMとか、与作が病に効くとか、あげだしたらキリがないくらい笑いのツボ満載www
やっぱこの作品は、なんといっても原作の設定の面白さの圧倒的勝利でしょう★

「ヴィオレッタ」
少女時代、前衛写真家の母親の被写体となりだんだんと過激な要求をされ、ヌードモデルまでさせられた監督自身の自伝的映画。
ロリータポ●ノチックな要素を期待して観た人も少なからずいたと思うけど、実際は母子の確執とそこからの逃避という話が根幹にあって、私はそれがすごく興味深かった。
美少女ヴィオレッタを演ずるアナマリアちゃん、撮影当時まだ10歳だったらしいけど美しい〜! 色っぽい〜!
母親役のイザベル・ユペールもエキセントリックな女流写真家役がとっても合ってた。
試写会前に監督とアナマリアちゃんが登場したんだけど、日本では公開が遅れたため(本国フランスでは2011年公開)アナマリアちゃんが結構成長してて、子供って数年で変わるものねーと思ったわ。
全体的に映像がとても美しいので、そういう世界が好きな方にオススメです♪
ちなみに、シド・ヴィシャス役はニック・ケイヴの息子さんだそーな。


「マイケル・J・フォックスショウ」
厳密には映画じゃなくて、これから有線放送で放映されるドラマの1話2話を試写会という形で鑑賞。
マイケルといえば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」! 公開当時、大好きで彼自身も好きだったなぁぁぁ(遠い目)。
パーキンソン病になったとのことだったからもう役者は引退?なんて思ってたけど、復活してくれて良かった!
このドラマの役柄は「パーキンソン病になり一時引退したものの現場復帰する人気ニュースキャスター」なので、病気の症状もむしろ自然なわけで。
当然、昔のような体のキレは望めないけど、不自由な体をむしろ笑いに変えてしまう演技はマイケルの十八番って感じだった。
続きも観たいー、でも有線加入しないと観れないしなー…そのうち映画として公開してくれないかしらw
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画&演劇 | COMME AU CIEL | 黒夢 The second coming of 1994「地獄の三夜ー奈落ー」@ZEPP TOKYO(4/19)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。