L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
年末年始香港マカオ旅行記(12/29〜1/3)
2014-01-13 Mon 01:15
この年末年始は5泊6日で香港・マカオに行ってきました♪ ほんとはマカオにも1、2泊したかったんだけど旅費が割高になっちゃうので、マカオへはフェリーで日帰り。
いつもの如く、帰ってきてから1週間ほど経っちゃったので記憶が曖昧なところもありますが、思い出せる限り、いざ★

1日目。
今回は羽田発の国際線を初めて利用。成田と違って近くて便利! あと、成田は出発の1時間半前にチェックインしなきゃいけないけど、羽田(全日空の場合)は40分前でいいとか。
でも、リムジンバスで行くから万一到着遅延とかするとマズイので早め早めの行動で…と思ったのに、朝早いせいか自宅前からT-CATまで向かうタクシーがなかなかつかまらず焦る焦る。結局、乗る予定だったバスに乗れたから良かったけど、ほっ。
8時55分発の飛行機に乗り、4時間強で香港着。
空港から香港駅までエクスプレスで約30分。これは安いし早いし利用価値大! 香港駅から上環にあるホテルまではそれほど遠くなかったので駅前からタクシーを利用。でも新しいホテルだからタクシーの運ちゃんが場所がよくわからず(地図を見せても目が悪いとつっかえされるし)、最初違うホテルに連れていかれる。今一度地図を突きつけると今度はちゃんと見て、無事目的のホテル着(最初からちゃんと見てくれー)。
指定された部屋は28階の山側。窓からは、雨後の竹の子のよーな高層ビルがにょきにょきと眼前に広がる。最初、海側が良かったなーと思ったけど、これはこれでめっちゃ香港っぽい。
お腹ペコペコだったので、荷物を置くとすぐホテルから徒歩10分ほどの海老雲呑麺が美味と評判の店へ。看板メニューと青菜炒めをオーダー。麺には大きな海老雲呑が4つも!(1個に海老1尾使ってるとか) プリプリで美味しーーー!! 麺は糖朝みたいな細麺、こちらもシコシコで美味♪ これで1杯300円くらいだった気が。それにひきかえ日本の糖朝、高すぎでしょ(たしか1000円超え)。
その後、地下鉄でコーズウェイベイに移動。いざ、ショッピング! と思ったけど、その前にデザートデザート♪とマンゴーはじめフルーツデザートが種類豊富な許留山に立ち寄り。フルーツデザートって甘みが強くなくてヘルシーでイイね。いくらでも食べられちゃいそーw セットメニューに大根餅がついてるのがあって、この大根餅も美味だった!
その後、いよいよ1軒目のショッピングセンター、タイムズ・スクエアへ突入!
セール中だし到着したばかりでテンション上がってたのか(笑)、早速バッグとマフラー2枚(1枚は母へのお土産)購入。でも正直、値段は日本と大差ない感じ? あんまり割安感は感じず。
途中、イギリスにいたときよく行ってたマークス&スペンサー(日本で言うとイトー●ーカ堂?w)を見つけ喜ぶ私♪ お目当てはソルト&ビネガーのポテチ!! やっぱまろやかなモルトビネガーの味が好き♪ 大袋をゲットし、テンションアップするイージーな私w
タイムズ・スクエアを一通り巡ったあとは近くのショッピングセンター2軒目、ヘイサン・プレイスへ。
ここでの目当ては台湾で行きそびれた誠品書店。日本で言えば蔦屋書店みたいな本屋。バルセロナのキャンディショップ、パパブブレまで入っててちょいビックリ。商品は日本製のものが多く、日本の付録付き雑誌もたくさん売ってました。
一通り見てから、疲れたしお腹もすいたのでチェックしてた近くの四川料理屋へ。
香港フリークでも有名なしょこたんオススメのエビチリ鉄板炒め、麻婆ナス、インゲン炒め、揚げパン練乳添えとビールと白飯をオーダー。このエビチリと麻婆ナスがハンパなく辛かった!! 辛さに強い私が辛いと思ったくらいから、辛さに弱い同行の友達が涙目になるのもわかる(苦笑) 冷めると辛さがいくらかマシになるってこともわかったよw

2日目。
ホテルは朝食付きだったんだけど、あえてそれをパスして近所にある評判のお粥屋へ。
牛肉とピータンのお粥、熱々だけどトロトロでウマウマーーー!! いろんな種類のお粥があるから毎朝でも食べたい! 300円前後とお財布にもお腹にもやさしいお粥屋、日本にもぜひ作ってほしいな★
朝食後、この日は早速マカオへ行こうとフェリー乗り場へGO!(ホテルから歩いて行ける距離で便利だった)
が、チケット売場には長蛇の列。窓口の上には1時間半後の時刻が。よーするにいま売ってるチケットは1時間半後のチケットだよ、ってことらしい。このときすでに10時くらいだったので、それじゃあ半日しか観光できないじゃん!と翌朝の往復チケットを買い明日出直すことにして、この日はホテル周辺の上環〜中環界隈を散策することに決定。
まずはお洒落エリアらしいSOHOを目指す…が、階段や急な坂続きで足がガクガク(^_^;)
でも可愛いブレスレットやポシェットや雑貨をゲットできたので満足♪(ただもう一度あの道を行け!と言われたら断るかも。爆)
途中、エッグタルトで有名な店(中はプリンみたいにぷるぷる〜)や中環駅直結のショッピングセンター、ランドマークやIFCモールなどにも立ち寄りつつ、「恋する惑星」でも有名なながーーーーーいミッドレベルエスカレーター(約800m!)で終着点まで行ってみる。上に上がるにつれ、友達は「下りは階段なんだからそろそろ…」と言い出すも(朝方は下り専用、日中と夜間は上り専用。深夜は運休)、いちばん上の眺めを見たくて最後まで。結局、高層マンションの立ち並ぶなんてことない景色だったけどねw
でもこんな上に住んでる人は毎日延々こんな長いエスカレーターで上下するなんて不便じゃないのかなー、上に行くほど高級住宅地らしいけど。あ、お車だから無問題なんですかね。
階段で下る途中にあったベンチで小休止。さすがに歩き疲れたねー、とペットボトルをバッグから取り出そうとしたところ、首に巻いてたシルクのロングスカーフを思いっきりバッグのジッパーに挟み、どーやっても外れないしジッパーも動かない事態に。このままバッグ開けっ放しはあまりに危険なので、仕方なくスカーフを引っ張ったらよーやく外れたものの、スカーフに大きめの穴が。去年バルセロナで買ったお気に入りだったのにー(T_T) でも、不幸中の幸いで穴は裾のほうだったから、その部分を切ってお直しの予定。
この日のディナーは香港帰りの友達オススメのヨンキーレストラン(ほんとは陸羽茶室を目指したんだけど、なぜかこっちに到着。苦笑)。さすが有名店だけあって20分ほど待たされる。
ここの名物鴨のローストとピータン、それに椎茸と青菜の炒めとビールと白飯をオーダー。鴨のローストは脂がのってて美味しかった〜、でもちょっと骨っぽい部分があるのが玉にきず。ピータンはいたってふつーだった。紅ショウガが添えられてたけど、これって合うのか?? ドンコっぽい大きな椎茸、美味しかった♪

3日目。
この日はホテルの朝食を偵察がてら利用。
思ったより種類もあって、お粥も美味しかった♪(でも結局利用したのはこの日だけ)
朝食後はいよいよ念願のマカオへ!! マカオへは昔一度だけ行ったことあるけど、そのときは観光バスでさらっと流しただけだったし、当時のマカオはカジノ以外貧相な印象でイマイチだった。でも今回は、自分の目と足で30ある世界遺産(とくに教会群)のほとんどを観てまわるという大きな目的が。
無事9時のフェリーに乗り、1時間後にマカオ着。
駅前からバスでセナド広場へ。ガイドブックにはバスで20分と書いてある。乗車後10分くらいで、あの特徴的な波模様の地面が目の端に見え、そこで下車する人がわりと多かったのが気になったもののこんな近いわけないよね、とスルー。でも、20分以上経ってもセナド広場らしき文字が車内の電光掲示板に流れない。それもそのはず、20分ってのはガイドブックの間違い、表記はセナドとはおよそほど遠い新馬路が正解だった。おかげで30分くらいで終点のバスターミナルまで行っちゃったよorz
このバスターミナル、あとでわかったんだけど中国国境付近にあり、折り返しのバスには本土からやってきたらしい中国人がわんさか。今度は絶対降りそびれないように車中から景色をガン見して、無事セナド広場で下車。
広場に面する仁慈堂と民政総署を眺め、カテドラルと聖ドミニコ教会に詣で(ドミニコ教会の鐘楼内部は博物館になってて結構見応えあり!)、聖ポール天主堂跡へと向かう土産物屋が軒を連ねるゆるやかな坂の途中のパン屋で、マカオ名物ポークチョップバーガーを買い食い♪ これがめちゃ美味だった! さすが名物やね。
聖ポール天主堂跡到着。ファサード、大きいー! この天主堂全体を見てみたかったなー(堂内の柱の跡だけは残ってた)。
ファサードを越えて、地下納骨堂と博物館へ。こぢんまりした空間だけど静謐な空気が漂ってました。
そこから東方面へ向かい、ポルトガルの香りがするというラザロ地区へ。分かれ道にあった地図を確認してたら、通りすがりのおばさんが「どこに行きたいの?」と声をかけてくれた。親切!
おばさんのおかげで、さくさくラザロ地区へ。坂道にクリーム色の建物が並び、洒落た街灯が…この風景、たしかに既視感ある〜★ 聖ラザロ教会は残念ながら扉が閉ざされてて中に入れず。でも、近くのポルトガル製品専門店で、マドンナも愛用してるという石鹸をゲット♪ ポルトガル人の店員さんに、3年前にポルトガルに行ったけどリスボンよりポルトのほうが良かったと言うと「私もリスボンに住んでたけどポルトのほうが好きだわ」とのこと。ポルトのあの美しい本屋さんの話などしてから店をあとにし、一路前半の最終目的地聖アントニオ教会へ。
16世紀にイエズス会がマカオ初の本拠地としたこの教会で短い祈りを捧げたあと、そばの広場からバスで再びセナド広場へ…と思い乗車したものの、また見知らぬ終点で放り出される(爆) マカオのバス、複雑すぎっ!!
もう面倒くさくなってタクシーで行こうとしたけど、これがまたなかなかつかまらない(T_T) 半ばやけになってむやみに歩き出したけど、いったいここがどこなのかもよくわからず…まあ、マカオ自体が世田谷の半分くらいの面積らしいから歩いてればなんとかなる、などと心の隅で思いつつも町の中心に向かいそーなバスに飛び乗り、なんとかセナド広場まで戻れた、ほっ。いま思えば行きつ戻りつの双六みたいだなww
着くなり広場近くの海老雲呑麺が美味しいという中華を探すけど、なかなか見つからない。結局、またガイドブックのミスで位置が違ってたけど(S堂さん、校正はしっかりして下さい)なんとか発見。人気店らしく、店先には行列が。
10分ほどで入れて、エビの卵のあえ麺と魚の揚げ団子と青菜炒めといちぢくのアイスティをオーダー。青菜炒めについてた八丁味噌みたいなソースが美味。あえ麺の上にかかってるエビの卵はトビコみたいな感じ。揚げ団子はすごい弾力! あさりの塩辛っぽいソースがついてたけどアンモニアっぽい味がするので、つけないほーが美味しかった。
食後はデザートだよね、と近くの牛乳プリン屋へ。甘くないあんこがたっぷり乗った牛乳プリンは、ちょっと懐かしいやさしい味でした♪
腹ごしらえして気分一新したあとは、いざ後半戦へ! 今度はセナド広場前の通りを隔てたエリアへ。
ポルトガルを思わせる広場の前に建つ聖オーガスティン教会に詣で、瀟洒なドンペドロ5世劇場やマカオ最大の図書館の外観を仰ぎ見つつ、マカオ一美しいと言われる聖ローレンス教会へ。ここではちょうどミサが始まった時間で、広い堂内は補助椅子を出すほどの満員御礼。与りたい気持ちもヤマヤマだったけど、帰りのフェリーの時間もあるし、先を急いでたので早々においとま。
その後、友達オススメの鄭家屋敷へ。老朽化は否めなかったけど、往時のお金持ちの暮らしが垣間見えて興味深かった。
まだ観てない世界遺産はいくつもあったけど、時間がないのでフェリー乗り場へと急ぐ。でもバスがなかなか来ず(T_T) フェリーの時間は刻々と迫り、焦る〜。よーやく来たバスも渋滞に巻き込まれ、完璧に間に合わない。友達はすっかり開き直ったのか、まったく焦る気配なし。フェリーターミナルに着いたのが出発時刻2、3分前。出国審査のことを考えたら完全にアウト。取り急ぎチケット売場に向かい、いま出発するフェリーに乗り遅れたことを告げたら「そりゃ、いまからじゃムリだよ〜」と軽く笑われただけで後発便に振り替えとかはムリそう。そりゃそーよね、私たち二人分の席をあけたまま出発しちゃったわけだから。友達は振り替えてくれるんじゃないかとちょっと期待してたみたいだけど、そりゃ甘いわ。
仕方なく3000円弱のチケを不意にして、再度チケットを買い直す。でも予想どーり混んでるらしく、買えたのは1時間半後出発のチケット。時間つぶしにフェリーターミナル内のヤオハンや土産物屋をひやかし、マックで夕飯。できればファストフードはパスしたかったんだけど、友達は中華続きでちょいゲンナリしてるようだったのでいたしかたない。
今度は無事フェリーに乗り、上環のターミナル着。ホテルが近いのは有難い〜。
ホテルのエレベーター内でフランス語を話す老夫婦と一緒だったので、フランスからですか?と聞くとスイスからとのこと。フランス語は学校で習ったの?と聞かれ、Ouiと答える。香港に住んでるの?とも聞かれたので、日本からです、と。老夫婦は23階で降りるはずだったのに降りそびれて28階まで来ちゃうしw さよなら、おやすみなさい、とお互い挨拶してから別れた。ほんの短い一時だったけど、こんな触れ合いも一期一会の旅の醍醐味。スイスから香港、遠いよね。いい思い出をもって帰れてるといいな。
部屋に入りNHKをつけると(最近、海外の多くのホテルでNHKが観れます)紅白やってて、ちょーど美輪サマが歌ってた。ゆく年くる年を観てから、1時間遅れで年越しする香港のカウントダウンを現地チャンネルで観る。港で打ち上がるたくさんの花火! バーチャルだけどテレビの画面を撮っておいたw

4日目。
明けて新年初の食事はおせち…じゃなくて、2日目にも行った近所のお粥屋さんへ。
あのとき隣のおじさんが食べてた朝食セットが気になったし、朝メニュー定番というマカロニスープがどーしても食べたくて♪
注文のとき英語が通じずオタオタしてたら、隣に座ってたオバサマが丁寧に通訳してくれた。親切! 私はお目当ての朝食セットで、マカロニスープとコンビーフ&エッグとミルクティ(オバサマオススメ! 英国風の濃い〜やつでハマった!)をチョイス。友達は鶏のお粥に揚げパン。
マカロニは柔らかいのがデフォルトらしいけど、ここのはアルデンテで私好み♪ ただ具がなんにも入ってないのがちょっと寂しかった(^_^;)
朝食後、地下鉄で九龍側のチムサーチョイへ移動。巨大なショッピングセンター、ハーバーシティへ。ここで私が好きなイギリスのアクセサリーショップを見つけ、スカーフやらブレスレットやらリングを購入♪(一応セールだったけど値段は日本と大差ない感じ)
折よくアフタヌーンティの時間になったので、徒歩でお目当てのペニンシュラホテルへ行ったもののスゴイ行列にめげて、地下のスーベニアショップへ。エッグロール、ベルボーイ仕様のペニンシュラベアのキーホルダーをゲット。
その後、友達の提案で近くのホテルインターコンチネンタルのアフタヌーンティへ行くことに。ここもペニンシュラほどじゃないけど並んでて、結局小一時間後によーやく入店。
店内は広い窓から海が見えて開放感バツグン! 選べる紅茶は私の好きなマリアージュ・フレール♪(香港でいただくとは思ってなかったけど) セットの3段の内容は、上からスコーン用クローテッドクリームとティージェリー、2段目はプチサイズじゃない(←ここ強調)甘ーいケーキが5つ、3段目はサーモンのバゲットとパテのカナッペとあともう1種(度忘れ)。これにプレーンスコーンとレーズンスコーンと星形のシナモンデニッシュがつくという…もーお腹ぱんぱん。てか、辛党の私にはちょっとツライ甘味攻め。
しばしまったりしたあとは海沿いを歩き、ガイドブックに出てた香港ミュージアムオブアート内のミュージアムショップを目指す。が、なんでガイドブックで取り上げてるのかわからないくらいしょぼくてガッカリ(>_<)
この日は展覧会が入場無料だったので、ざっと館内を観てまわったあと、再びハーバーシティへ。結局日が落ちるまでここで過ごし(広すぎ!)足が棒になったので館内の店でかた焼きそばを食す。椎茸たっぷりでそこそこ美味しかった♪
帰りは港の夜景やクリスマスイルミネーションを観つつホテルに帰還。

5日目。
朝食はホテル近くのそぼろ牛肉土鍋ご飯で有名な店へ。朝からがっつり!w
思ってたよりそぼろ肉が少なめなのが気になったけど、上に乗った生卵とご飯を一緒にかき混ぜて甘辛い醤油をかけて食べると美味ー♪
朝食後、地下鉄で30分のところにあるランタオ島の巨大大仏があるお寺を目指す。
途中ディズニーランドを通り、たくさんのお客さんがその駅で下車…あ、彼らは大仏さんに行くんじゃなかったのねw
終点で降りたら、ロープウェイでお寺まで25分。このロープウェイに乗りたかったのだ〜♪ ほんとは床面もスケルトンの車両に乗りたかったんだけど、友達が恐がりなので普通のやつに乗車。んー、残念! せめて片道だけでもスケルトンに乗りたかったな〜。でも楽しかったー!
大仏さんはほんとに大きかった★ 丘の上に鎮座してるので近くで拝みたい場合は300段近い階段を昇っていかなきゃならないんだけど、下からでも充分よく見えるのでパスw
お寺周辺を見学し(打ち上げ花火サイズの大きなお線香があってビックリ)、居並ぶ土産物屋をひやかしてからロープウェイで下山したあとは駅前のアウトレットへ(途端に現実的w)。思ったほどテナント数は多くなかったな。
お腹が空いたので館内のフードコートでランチ。マカオ料理と銘打った店のポークチョップ乗せ平麺(味は焼きうどんっぽい?)と青菜炒めとスープのセットをチョイス。結構美味♪
帰りに地下の大きなスーパーでばらまき用土産を購入。
いったんホテルに戻って休憩後、リベンジで2日目に辿り着けなかった陸羽茶室へ。
飲茶飲茶〜♪と思ってたら、飲茶は17時までとのこと…このときすでに19時近くorz
仕方ないので、夜のメニューから私はスープ炒飯、友達はシンガポール風焼きそば、あとは店員オススメの酢豚とビールをオーダー。
スープ炒飯はいたって普通の味。酢豚はお上品で美味しかった♪ 焼きそばはカレー味で、辛いのがニガテな友達にはハズレだった模様。ちなみに老舗高級店らしく、イイお値段でした。
帰りは近くのマークス&スペンサーに立ち寄り、M&S印のボディソープをクンクンかぎまくり2本購入♪ やっぱ香りの種類が豊富で良いわー。

6日目。
いよいよ帰国の日。あと2日くらいいたかったな〜。
最後の朝食はワゴン式飲茶を体験したくて徒歩圏の大衆的な飲茶屋へ。
思ったとーりの活気で満員御礼。天井からは鳥籠下がってるしw 広い店内をずんずん奥まで行き、2つ空いてる席につく。
着席するなり、おじさんが中国語で何か言って急須をどんっとテーブルに置いてから、数字の書いた紙を渡してまた何か言う。テーブルにはガイドブックにあったとーり、食器を洗うお湯が入った器も。どーやらワゴンから自分の好きなものを選んだら、ワゴン係のオバサンにその紙を渡す仕組みらしい。
最初はお行儀良く近くを通ったオバサンをつかまえ蓋を開けてもらい、これとこれ、とやってたんだけど、なかなか好みのものが回ってこないし、オバサン呼んでも無視されたりしたので、こっちからワゴン目がけて歩いて行き、勝手に蓋開けてコレ!と頼む羽目にw(ほかの人もそーやってたしね)
結局6品くらい食べたけど、美味しかったのは具沢山のちまきと腸粉とマーラーカオかな。焼売もどきはいまいちだった。
ホテルに帰り、荷物の整理。予想外にスーツケースが重くなったので本などを手持ちのバッグに移しつつ、20キロオーバーしませんようにと祈るw
出発までまだ時間があったけど、フェリーみたいに乗り遅れたらシャレにならないので早めにチェックアウトし空港へ(荷物が重かったから奮発してタクシー利用。4000円くらい)。このホテル、立地もいいしできたばかりだからキレイだし、次来るときまた利用してもいいかも。ただ評判どーりシャワーの水の出が悪いのはいただけないな。
空港到着後はばらまき用土産を買いつつ、ファミレスっぽいレストランにて魚団子入り平麺をいただく。
あ、スーツケースは19.4キロでセーフ!\(^o^)/(ちなみに私たちの前にいたカップルは25キロだったw)
帰国便は行きより早くて、3時間ちょいで羽田に到着。やっぱヨーロッパと違ってアジアは近いー! ラクチン♪
機内では観そびれてた映画「愛しのフリーダ」も観れて得した気分★
日本に着いたら寒かったー! 香港は23度近くあった(ほとんど初夏)から余計身にしみたわ。

以上、香港&マカオ5泊6日の年越し旅行でした! 今度は週末弾丸で行っちゃうかもw
別窓 | TRAVEL | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画4本 | COMME AU CIEL | 最近観た映画2本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。