L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
最近観た映画2本、演劇1本
2013-03-03 Sun 15:05
「ある海辺の詩人」
心にしみるイイ映画でした(TT
小さい子供を中国に残しベニスに近い漁師町へ出稼ぎに来た女性と、現地の漁師たちとの出会いと別れを描いた珠玉作。
派手さはいっさいないものの、印象派の絵画のような風景のなか静かに物語は進む。
出稼ぎのためにかかった費用を雇い主に返済するまでは、子供を呼び寄せることも叶わず捕われの身の主人公。
孤独な漁師の一人と心を通わせたと思ったのも束の間、町の噂となるのを嫌う雇い主によって仲を引き裂かれ、彼女は別の町へと飛ばされてしまう。傷心の漁師はその後…。
予想外に早く子供を呼び寄せられたのは、失踪してしまった同室の彼女が資金援助したおかげだろうか。
痛みを知るものは、その分人に対して優しくなれるのかもしれない。

「ライフ・オブ・パイ」
じつは某所で観てしまっていたんだけど、映画館のスクリーンで美しい映像を堪能したくて再度鑑賞。
たしかに映像は美しかった! 特撮、素晴らしい! でも、それ以上にストーリーがいい。あの最後の「種明かし」が秀逸。彼のこの「物語」こそ、彼を生きながらえさせる術だったのだろう。

「遠い夏のゴッホ」
すでに観た知人が「悪くなかったけど学芸会みたいだった」(爆)と言ってたので、それほど期待せず観に行ったんだけど…意外と良かった! 学芸会に例えた部分はわからないでもないけど、そこじゃないでしょ、語るべきところは(^^;
しかし、よくあんなストーリーや登場人物を作り出すな〜。虫たちが主人公、って一見地味な印象だけど実際はけっしてそんなことなかった。それぞれ個性的だったし。最初、この相関図見たときは、なんじゃこりゃ?と思ったけど(^_^;)
私の第一目的は美波ちゃんを観ることだったんだけど、相変わらず可憐でセミ役もよく似合ってたわー(褒め言葉です、念のためw)
赤坂ACTシアター、いつもアタリのお芝居が多くて今後も要注目の劇場かも★(交通の便もいいしね)


別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画6本 | COMME AU CIEL | 最近観た映画2本、演劇2本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |