L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
清春@マウントレーニアホール(11/13第一部&第二部)
2012-11-18 Sun 14:52
また癒されに行ってきました、渋谷の例の場所に★

まず、1部から。
この回は2階最後列。でもこぢんまりした会場だからそれほど距離は感じず。
清春さんの声がかなりハスキーに聴こえた。2部のほーが声がクリアだった気が。
1曲目に「HORIZON」って新鮮かも。だいたい後半(オーラスとか)にくるイメージだから。
「sarI」はアコギがスパニッシュギターっぽい旋律だから、PVではフラメンコの女性が出てくるのかしら、なんて思いつつ聴いてた。
囁くような柔らかな声で歌い出した「innocent」もステキだったな。そういえば1部ではいつもほど声を張らずに歌う場面が何ヶ所かあって…心の琴線に触れる感じ。
「流星」、ジェントルで美しいメロディがツボ。清春さんが作るバラードって、切なさに溢れてる。
オーラスはひさびさに聴く気がする曲。この曲と「この孤独な…」が私のなかではなぜかセットになってて、そっちも聴きたいなーと思ったら、2部でやってくれた♪

そして2部。
個人的には2部のセトリのほーが好みで、グッときた! 清春さんのMCも冴えまくってたしww
この回ではプラグレス初のお立ち見だったから、足がちょい辛かったけどね(^^;
1曲目から「涙が…」なんて、テンション上がるじゃないの★ こーいうとき立ち見だと自由に動ける感じは良かったなw 座ってたらお尻がむずむずしちゃいそーだもんね。
続く「the sun」も然りで、自然とカラダが動いちゃうキャッチーでカッコイイ曲。この曲はどっちかっていうとプラグドのほーが好きかな。
「FINALE」から「adore」の流れはうれしかった★ プラグレスで目覚めた曲たちだったから。
「妖艶」はいつもながら濃かったー、くらくら((@o@ あのディープな感じは清春さん以外出せないと思うし、そこが魅力の代表曲のひとつだと思う。
しかし、「妖艶」から「空白の…」ってある意味スゴイな(^^; 「空白の…」については今更言葉はいらない印象ですが、安定の圧巻!でした。ほんと、あの歌声を聴くと動けなくなるよ。
聴きたかった「この孤独な…」も、全身で熱唱する姿と歌声にやられた(TT
その次に「MELODIES」でcalm downさせるなんて、反則だよね(TT TT
アンコールも圧巻の2曲で、パーフェクト。完璧な音楽の前に言葉は虚しい。
そしてまた来月も清春さんの”棲み家”にいそいそと向かうことでしょう、きっと。

新しいアルバム「UNDER THE SUN」をBGMにこれを打ってたんだけど、やっぱプラグドの「under the sun」聴きたいからDUO行こうかなー、ぼそ。この曲、サイコー!!




†††
以下、セトリ。

1部
1.HORIZON
2.深い海
3.新曲
4.sari
5.And I can’t feel nothing
6.堕落
7.innocent
8.流星
9.you
10.イエスタデイ
11.tanatos
12.ALICE
13.LAW’S
————————————
14.cry’n
15.君の事が

2部
1.涙が溢れる
2.the sun
3.ACME
4.nothing
5.Masquerade
6.FINALE
7.adore
8.新曲
9.たったひとり
10.妖艶
11.空白ノ世界
12.この孤独な景色を与えたまえ
13.MELODIES
————————————
14.光
15.MESSIAH
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<最近観た映画3本 | COMME AU CIEL | 清春@SHIBUYA-AX(10/29)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |