L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
最近観た映画7本
2012-10-21 Sun 15:58
ここ2、3ヶ月の間に観た映画について、それぞれひとこと★

「白雪姫と鏡の女王」
白雪姫役の眉毛のぶっとさがやたら印象深かったわw あとで知ったんだけど、あのフィル・コリンズのお嬢さんらしい…お父さんに似なくて良かったねー(^^; 継母役のジュリア・ロバーツもはまり役だったな。

「ロック・オブ・エイジズ」
これはもう1回観たいくらい、ロックで楽しい映画だった! トム・クルーズ、歌もイケるのね。
Vライブレポでもちらっと書いたけど、一瞬はいでぃとダブるとこがあったのよね。

「コッホ先生と僕らの革命」
ドイツ版「いまを生きる」って感じの映画。青春映画ってワンパターンな部分もあるけど、鑑賞後爽やかな気分になるのはいいよね。

「BUNGOー告白する紳士たちー」
文豪の短編3篇を原作としたオムニバス映画。
映画ってやっぱ原作が命だなー、と改めて思った。3篇とも面白かった! 役者さんの配役も絶妙。
どれも甲乙つけがたかったけど、とくに「幸せの彼方」はじわじわ来た(TT

「BUNGOー見つめられる淑女たちー」
先に紳士編を観てかなり良かったから期待して後日観に行ったんだけど、紳士編のほーが断然良かった。
ぶっちゃけ3篇とも、男目線のいやらしさメインって感じで。一歩間違えばそっち系の映画。

「チキンとプラム」
こーいう寓話的な映画、私は好きです♪
キアラ・マストロヤンニ、相変わらずの美しさ★ そして優男マチュー・アルマリック、良くも悪くもアーティスト然としてイイ味出してた!
しかし奥さん、いくら怒ったからってバイオリニストの命である名器のバイオリンを壊しちゃあかんでしょ。そりゃあ、自殺したくもなるわ。

「のぼうの城」
野村萬斎はじめ、アクの強い役者揃いでしっかりエンタメしてた娯楽作。
そんななか、お目当てのナリくんは出番がそれほど多くなくてちょっとガッカリ。
萬斎さんはへらへらした外面の武将(実在の人物らしい)がハマリ役で適材適所。
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<清春@マウントレーニアホール(10/22第一部&第二部) | COMME AU CIEL | VAMPS@ZEPP NAMBA(10/6)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |