L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
最近観た映画5本
2011-05-09 Mon 19:45
GWとその前後に観た映画を備忘録代わりにご紹介。キッズ…以外は2本立て映画館にて鑑賞。

☆キッズ・オールライト
予告観て面白そう~と思って鑑賞。じつはジュリアン・ムーアは結構好きな女優さん♪
で、やっぱ面白かったです。精子提供者役の男優さん、ワイルドな感じでかっこ良かったな~★ 本来レズのママ(ほんとは両刀か)が惚れるのもムリないわ~。ましてや子供たちの父親だしね。
もう一方のレズママが言った「自分の家族が欲しかったら自分で作りなさい!」って捨て台詞はフリーダムな生き方を貫いてきた彼の胸にじんじん刺さったのでわ。
ティム・バートン作品でアリスを演じた娘役のミアちゃん、やっぱ可愛いわー。それに比べて弟役はイマイチだったなー(^^;

☆100歳の少年と12通の手紙
不治の病を患う少年が主人公なんだけど、ファンタジーな要素が随所にちりばめられているいかにもフランスらしい映画。シリアスかつファンタジーとちょっと矛盾した描写で好き嫌いが分かれそう。私はこーいう映画、好きです。
「お父さんとお母さんだっていずれは死ぬのよ」ーーさすがにこの歳になるとわかるけど、子供の頃はたしかにそんなこと思いもしなかったよね。
「毎日が新しい1日」ーーそんな思いで日々過ごせたら…と思わされた。
そして短い期間で互いに影響され成長していく元女子プロレスラーもどきwと少年を見て、成長するのに年齢は関係ないんだな、とも。

☆リトル・ランボーズ
それほど期待してなかったんだけど、面白かった! 子供のころにすっかり魅せられた「小さな恋のメロディ」(ジャック・ワイルドLOVE!! すでに亡くなったそうで残念です)が頭をよぎる、えげれすの腕白ボーイズたちの物語。
ランボーといえば、はいでぃも小学生のときにハマって友達と野営したって言ってたっけ。洋の東西を問わず、ランボーは少年たちの憧れなのねw

☆パリ20区、ぼくたちのクラス
封切りの際に観そびれてた映画。まるでドキュメンタリーかと思うほどリアルに、荒れてる学校の日常が描かれてます。
こういうのを観ると、先生ってタイヘンな職業だわーと思う。どれほど忍耐強いかを試される日々というか。中学教師やってる友達に観せてみたい。「仕事離れてまで金八なんか観たくない!」って人だから、内容を知ったら拒否反応を示すかなw
パリの場合、人種のるつぼならではの問題も多いのね。

☆あの夏の子供たち
これも前からちょっと気になってた作品だったけど、父親があんなに可愛い子供たちを残して自殺しちゃう、その設定自体が私はダメかも。お父さん、どんな事情があったにせよ、家族見捨てて自殺しちゃあかんでしょ。意外とあっさり自殺しちゃった感じも、私的にダメダメ度アップ。
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<恋人@紀伊国屋ホール(5/10ソワレ) | COMME AU CIEL | 黒夢@ZEPP NAGOYA(4/30)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |