L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
英国王のスピーチ/しあわせの雨傘
2011-03-03 Thu 20:27
1000円デーにひさびさのハシゴ。

1本目は楽しみにしてた、アカデミー賞総なめの「英国王のスピーチ」。
期待しすぎちゃったかな~、ってのが正直なところ。誰かが「クララが立った~!」的な映画だって言ってたけど、たしかにw
でもこれ、実話なんですよね。映画の題材としてはもってこい!?
いつも眉間に皺を寄せてるジョージ6世と、そんな立場をお構いなしに接する先生のギャップが面白かった。先生の矯正方法にはヘンな体操とかもあり、「そんなんで治るんですか~?」って突っ込みたくなる(^^;
王様だって一人の人間。子供のころから多大な制約やプレッシャーを受け続ければ、その反動で歪みも出てくる。
最終的には王位継承を放棄した兄に変わって王位につき、どもることなくスピーチできてめでたしめでたしのエンディング。ただ、その内容が戦争にまつわるものだったのでちょっと複雑だったけど。
ところで、映画自体とは関係ないんだけど、隣の席のガタイのいい男子の二の腕が常に私の席を侵略してて、すっごく居心地悪かった。ちょっとは遠慮しろっつーの凸

338127view001.jpg


そして2本目は仏映画「しあわせの雨傘」。
こっちのほーが断然面白かった! ドヌーブ目当てで観に行ったんだけど、歳を重ねてもひとりの女性として果敢に道を切り開いて行く彼女の役柄には励まされる★
ところどころミュージカル仕立てなのも、観ていてワクワクする感じ。
ちょっと元気のない女子、パワーをもらえると思うのでぜひ。
しかし、仏映画ってやっぱいくつになってもアムールは必須事項なのねw

337819view009.jpg
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<神々と男たち | COMME AU CIEL | 冬の小鳥>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。