L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
パイレーツ・ロック
2009-11-03 Tue 12:35
ROCK好きなら絶対気に入る映画!! いや~、やっぱ音楽ってイイね~★

1960年代のイギリス、海上に停泊した船から24時間ロックを流し続ける海賊放送局があった。それがこの映画の舞台。DJはじめ乗船者は全員ロック好きのイカレタ連中。でもなにより音楽を愛する、キャラのたった憎めないヤツばかり。
ある日、そこへ局長(このオジサンがまたかっけーんだ、これが。最初出てきたとき、一瞬チャー●ー・ワッツかと思ったけどチャー●ーより全然カッコ良かったわw)の知人の息子が、素行不良で学校を退学になり更正のためという名目で船に送り込まれる。更正のイミなさそー;とふつーは思うけどこの息子の母親ってのがまたぶっ飛びキャラなんで、まあそれもアリなのね;と(じつは伏線があるんだけど、ネタバレなのでナイショ)。
一方、ロックを存在悪とする政府は違法な海賊放送局をつぶそうと躍起になり、ついに禁止令が施行され…といったあらすじ。

もーあらすじ見ただけでなんかワクワクでしょ♪
DJのなかにはロッカー崩れのイケ麺もいて、目の保養にもなります★
そしていかにもえげれすらしいウィットにとんだジョーク満載で、くすっと笑うこと数知れず。
とくにおかしかったのがシック(=オバカ)ってあだ名の男子。連想ゲームのときに出すヒントがおかしすぎっ! 「まず、ナイスガイだ…髪は長くてドレスを着てる…そして足は裸足」。この答えはキリスト。解答者は「神の子って言えばすむのに」と頭を抱える…ってな具合。

お笑いだけでなく、後半はホロっとさせられます。

いまさらだけど、えげれすの映画って反体制の解放感がウリの秀作が多いね。保守的な紳士の国、の反動かな。

公式サイトはこちら。

別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<"When the trip is over, I want to share with you." | COMME AU CIEL | 丸の内散策>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。