L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
清春@マウントレーニアホール(11/27第二部)
2015-11-29 Sun 19:29
夏の終わりから最近まで諸事情によりなかなかブログを書く余裕がなく、ずいぶんと間があいてしまいました。
その間もコンスタントに清春サンのプラグレスには通ってたわけですが…ついに昨日土曜に最終日を迎えてしまったので、せめて私にとっての最終日だった金曜2部についてちょこっと記しておきます(ちなみに最終日は激戦だったらしくチケ取れずorz)。

座席は下手側中ほど。
プラグレスをナマで聴くのもしばらくお預けということで、こちら側もなんとなく気合いが入る。
清春サン曰く、もはや自分の恋人みたいに愛着あるらしいこの場所(そのときの例えがその、ちょっとエゲツなかったけどw)なので、また絶対戻って来てくれると信じてるけど。

2部のセトリ、ツボでした★
ライブが始まるときはいつも三代さんと王子が先にステージに登場して、そのあとにカリスマ降臨が常なんだけど、このときはいつもと違った。パチパチと拍手が始まったとき私は着席したばかりで、スマホをオフにしたりしたあと顔を上げたらそこにはすでにカリスマがピンでギターを抱えて立ってて…予想外w
いつもとは違う開演スタイルに乗り遅れたお客さんたちが結構いたようで、曲が始まってるなかバタバタと席を目指す方が多く目についた。
1曲目が終わると三代&王子コンビがしずしず登場w
Love Song、なぜかここ数日頭のなかで回ってる曲だったからシンクロ〜♪と。
masochist…と寡黙…、相変わらず素晴らしい。名曲。
そしてマリアズ…! 聴けるとトクした気分になる。絶望のマリアってプラグレスの終わりを嘆き悲しむいまの私のことですか(何)
REVOLVERとMAD FLAVOR、グルーブに溺れるひととき。着席したまま揺れるのもしばしお預けだね。
輪廻、”ある日飽き足りた問いかけに迷って離れないで、君は目の前からいなくなるって知らせないで…”って、清春サンも含めあの場にいたすべての人の心の声じゃないかしら。
LAW'S、全身全霊で歌うカリスマの熱さがひしひしと。

個人的に、アンコールの2曲がとてもうれしかった。
私が清春サンのスゴさに目覚めた九段会館でのLight & Shadeを象徴する曲だから。

アンコールが終わりステージを去る際、「今日が最後の人、ありがとう。ありがとう」って言ってくれたことに感謝。

また、逢いましょう。


†††
以下セトリ。

EVERYTHING
五月雨
Love Song
寡黙をくれた君と苦悩に満ちた僕
masochist organ
マリアズディスペア
ROOM
REVOLVER
MAD FLAVOR
FINALE

輪廻
LAW'S
-----------------------


スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 
| COMME AU CIEL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。