L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
最近観た映画2本
2014-03-27 Thu 19:16
「バチカンで逢いましょう」
主役の恰幅いい女優さんはあの名作「バグダッッドカフェ」でブレイクした方らしい…けど、25年近く前に観た映画だから正直覚えてない(^_^;)
とにかく彼女のキャラでグイグイ引っ張られていく感じの映画だったな。途中、ちょっと中だるみの印象もあったけど(いろんな要素を詰め込みすぎてまとまりが…)、後半オパ(おばあちゃんのことをドイツではこう呼ぶらしい)の秘密が暴露されてからはいっきに引き込まれたわ。
オパはだからこそなんとしてでもパパ様(信者は教皇のことをこう呼びます)の赦しが欲しかったのか…と思ったけど、それまで40年以上もそのことを告解(懺悔)せず隠し通してたのがちょっと腑に落ちない気が。もしかしたら、彼女はほんとはそれほど熱心な信者じゃなかったのかも。だって熱心な信者だったら、もっと早く告解してるはずだもんね。
そう考えると、ペテン師の伊達男の無茶な提案に途中まで乗りかけちゃったのもわかるな。
あと、ドイツ料理店のシェフになったオパの料理をもっといろいろ見てみたかったかも。

「ウォルト・ディズニーの約束」
この映画を観て、ウォルト・ディズニーに対する見方がちょっと変わったかも。
もともとねずみーランドってあんまり好きじゃなかったんだけど、この映画で彼の生い立ちを知り、ハードな子供時代を癒すためにあの王国を作ったんじゃないかと思えて。
「メリー・ポピンズ」の頑固な原作者役のエマ・トンプソン、もともとすごく好きな女優さんなんだけど、今回も良かっ! いかにも頑固で理屈っぽい英国婦人(出身はオーストラリアだけど)って感じ、かの地で出会ったことがある気がしてちょっとデジャブw
ウォルト役のトム・ハンクスもご本人に上手に化けてたな。とにかく二人とも芸達者! さすがオスカーコンビ!
傷を負った子供時代を過ごしたことのある方には、とくにオススメです。私の隣席の女性は終盤ずっと泣いてたけど、そんなひとりなのかも、なんてちょっと思ったわ。

別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
| COMME AU CIEL | NEXT