L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
最近観た映画3本
2013-09-26 Thu 20:35
「美輪明宏ドキュメンタリー ~黒蜥蜴を探して~」
美輪サマ、やっぱりタダモノじゃない。というか、人間じゃないオーラ全開w
彼の生き様のスゴさがフランス人監督の目にとまり、このドキュメンタリーフィルムとなった奇跡に感謝★
しかし、三島由紀夫からの招待を6回断り7回目(だっけ? うろ覚え)にして受けたってツンデレさ加減がいいね。しかも仲介者から「お金あげるから」って言われて、ちらっと会っただけですぐ引き上げてきたっちゅーw
それで三島が「唯一の心残りは美輪(当時は丸山かな?)の心を奪えなかったことだ」と言ったとかなんとか。
そして映画を観た日の晩、たまたまテレビの歌番組で美輪サマの特集をやってて(事前情報なくたまたまテレビつけたら始まった…これもお導き!?)。客席は若者オンリー。彼らの前でいったい何を歌うんだろう、やっぱりヨイトマケかしら。クラシックなシャンソンだとしたら彼らの心に届くんだろうか、なんて無礼なことを思ってたらいままで聴いたことない曲ばかりだった。1曲目はデーモン小暮が歌っても似合いそうな「悪魔」、2曲目は歌詞がかなりおどろおどろしくて子供だったら泣いちゃいそうな「亡霊達の行進」(2曲とも長崎で被爆した美輪サマらしい反戦歌かな)、そして赤裸々な歌詞に感動した「人生の大根役者」、ラストは美しい言葉がちりばめられた「金色の星」の計4曲。美輪サマ、ROCKだわー★ 観られて良かった♪ 




「謝罪の王様」
いまあまちゃん人気で話題のクドカン作、阿部サダヲとタッグを組んだ映画はどれも面白かったので期待しつつ鑑賞。
うん、確かにクドカンワールドだったw でも以前の作品ほど爆笑はしなかったかな。比べるのも何だけど、あまちゃんのほーが好きかも(爆) 観たあと、マンタン語の例の決めゼリフが頭のなかをぐるぐるぐるぐる…(@_@)
あ、「2001年宇宙の旅」へのオマージュらしいシーンは笑ったわwww あと、最後の少女時代&EXILEっぽいメンバー(あ、本物も混ざってたかw)が歌い踊る「ヒットチャート狙ってます!」的な渾身の歌はいったい(?_?)

「風立ちぬ」
よーやく鑑賞。
非常にわかりやすいストーリーに外へと向かう開放感ある映像…観たあとカタルシスを得られた。私はきっと宮崎作品は60%くらいしか観てないと思うけど、どの作品にも流れているのは愛することの素晴らしさ(月並みな言葉でスミマセン)なんじゃないかと。今回もそんな普遍のテーマが全編に溢れていたと思う。
だからけっしてこの作品もキライではないけど、深奥まで響いたかというと疑問。
あんなに苦労して作った飛行機たちが戦闘機となって全滅してしまったシーンはショックだったけど。
ささいなことかもしれないけど、やたらと煙草を吸うシーンが多いのも気になった。とくに結核患者の妻の前で煙草を吸っちゃうのはいただけなかったなー。
ヒロイン役をやった美織ちゃんの声は役にお似合いで可愛くてマル♪(庵野さんは…批判の声も多いみたいだけど、朴訥としてて良かったんじゃないでしょうか…以下略w)
あと、エンディングのユーミンの曲は反則だよね。


スポンサーサイト
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
| COMME AU CIEL | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。