L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
最近観た映画2本、演劇2本
2013-02-16 Sat 23:29
「二郎は鮨の夢を見る」
たえずバックに流れるクラシック音楽が、ドキュメンタリー映画をよりドラマチックなものに仕上げてた。
やっぱ音楽の力ってスゴイ、大事だね。
一度は次郎(この映画で気づいたけど、店名は「次郎」で店主は「二郎」さんなのですね)でお寿司をいただいてみたいもんだけど、3万円からですって(^_^;) 誰か連れてって下さーーいww
ちなみにラスト、ひとつひとつスクリーンで供された握りは計18貫。どれもこれもシズル感たっぷりでメチャ美味しそーでした(垂涎)

「すーちゃんまいちゃんさわこさん」
これはいまどきの女子が共感するよなー、と納得の物語。
かくいう私も共感できる部分はあった(彼女たちよりお姉さんだけどさ)。
そして、友達ってイイなーと思ったわ。そんな友達とやる女子会もイイよねー♪としみじみ。

「モーツァルト」
中川アッキーのモーツァルトはたしか過去2回ほど観てるけど、今回は新たな演出の「モーツァルト」。
しかも、今回は山本耕史と交互にサリエリも演じるっちゅう…アッキーのサリエリって全然イメージじゃないなー、やっぱヤンチャなモーツァルトがお似合いでしょ、なんて思いつつどっちの役も観てみたくて2回鑑賞。
結論から言ってしまうと、私は過去の「モーツァルト」のほーが好きかも。派手なエンタメとしては今回のほーが上なのかもしれないけど…んー、底が浅いというか、もごもご。
それはさておき、まずは中川モーツァルトの回から。
このときは演出家や主催者が会場に来てたこともあってか、後日観た回よりメインキャストの歌声に熱がこもってた気が。アッキー、相変わらず歌うまいーー! そして朗々とオペラを歌い上げるソプラノ歌手の歌声がまた素晴らしかった!! コンスタンツァ役のAKB女子も予想以上に歌がうまかったな。
数日おいて、問題の(笑)中川サリエリの回鑑賞。
サリエリは歌う場面がモーツァルトより少ないからもったいない感じ。唯一、終盤メインで歌い上げる場面ではこのときとばかりに弾けるよーに全身で歌ってて、やっぱアッキーは役者である前にシンガーなんだなと思ったわ。
あと、小柄のせいかサリエリっぽい貫禄にイマイチ欠けるかも(爆) そういう意味では山本サリエリのほーが貫禄あったな。
スポンサーサイト
別窓 | 映画・演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 
| COMME AU CIEL | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。