L'Arc-en-Ciel&HYDEネタをはじめ、 日々の戯れ言を綴るブログ♪
http://mgangie.blog68.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
松井冬子展@横浜美術館
2012-01-15 Sun 14:52
楽しみにしてた展覧会へ昨日行ってきました。
松井さんの作品をナマで観るのは、成山画廊での展覧会以来。
でも今回はあのこぢんまりとした規模とは雲泥の差で、しかも会場は天下の横浜美術館!(ってじつは今回初訪問だけどw) ずいぶんと有名になられたな~、と今更ながら思う。

計80点の大作、小作、下図のかずかずをじっくり観て回る。
大きさや構図や趣旨や緻密さに目をみはる、その連続。とくに私の目を引きつけたのが、下図に克明に描かれた生物の筋肉や臓物や骨格。こんなにじっくりその類いを観たことはいままでないだろう、ってくらいガン見。だって、そういうものはどちらかというと目をそらす対象として扱ってきていたから。でも、今回は違った。思わずじっと観ずにはいられないほどの圧倒的な描写力。
松井さんは、小学3年生のころに学校の図書室に飾ってあったダヴィンチのモナリザが画家になるキッカケになった、という。この描写力はダヴィンチの倣いだと思った。
あと、大作の迫力もスゴイ。池に覆い被さる低い桜並木とそれを映す水面が形成する楕円のトンネルにはくらくらするような感覚をおぼえた。
そして、彼女の作品のメインテーマでもある痛々しい姿を描いた作品群。初めて観たときはあまりの痛々しさに目を背けたくなる気がしたものだが、何度か目にするうち痛みが薄れてきて細部に目を凝らすようになった。慣れとは恐ろしいw でも「痛みは通常共有することができない感覚だが、作品を通してそれを共有できれば」という彼女の趣旨はしっかり伝わりました。

展覧会を観たあとは、ご本人のトークショーを観覧。
初めてナマで拝見する松井さんはやっぱ美しかった★ そして背が高く、スタイルもヨシ。天は二物を与えず、って言うけど何物与えられてるんだw 衣装はデコルテが大きく開いたボルドーの別珍素材のタイトなワンピース。「はじめまして」という第一声を聞いたとき、あ、この人って意外に体育会系かも、となぜか思った(アルトっぽい声だったせいか?)。実際、インタビューによると子供時代にはジャングルってあだ名だったとか。なんか、想像してたのとだいぶ違うなー(^^;(たぶん会場中の大多数が予想を裏切られたと思う。苦笑)
そして「緊張してます」というわりには舌は滑らか。インタビュアーさんが初心者目線で質問を投げかけてくれるおかげか、松井さんもわかりやすく丁寧に答えてくれて、いちいち腑に落ちた。
とくに後半、作品のスライドを映しながらお話ししてくれたのが興味深かった。できれば全作品お願いしたいところw
1時間半があっという間で、えー、もっと続きが聞きたい!ってくらい面白かった。また機会があったら拝聴させていただきたいです♪

ちなみにこれはラジオ番組の公録だったので、ひと月ほど先に横浜美術館のサイトで公開されるそーです。
興味のある方はぜひどーぞ→http://www.yaf.or.jp/yma/yokobi_channel/040/

ひとつ難を言えば、カタログが本来の色味を出し切れてないのが残念!

「花葬」が聴こえてくるよーな作品「喪の寄り道」
matsui.jpg
スポンサーサイト
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展@東京都現代美術館
2010-10-03 Sun 22:05
最終日の今日、よーやく友達と観に行きました★
1時間半待ちだったけど、今日を逃したらもー観れないので並んだよ;

場内は撮影禁止なのが残念なくらい、よくできたアリエッティの世界! 彼女の目線で見たこの世のあらゆるもののデカイこと! とくに驚いたのは覗き穴から覗いた人間サイズの椅子や靴!! 巨大すぎですから! もし私がアリエッティだったら、あんな巨人とは絶対お近づきになりたくないわー(^^;
かたや、アリエッティの家のなかの愛らしいこと! 植木鉢の暖炉に切手の額絵、テーブルの上には大きな角砂糖がお皿の上に。
ちょっとしたアミューズメントパークのように楽しめました♪
201010031451000.jpg


美術館を出たあとはロールケーキが評判だという近くのケーキ屋へ。
これがウワサの、その名も清澄ロール★
201010031629000.jpg

店内では食べられないし長時間持ち歩けないので、近くのベンチにて半分に分けていただきまーす!
コレ、クリームもミルク感たっぷりで美味しいけど、何よりふわふわの生地が美味すぃ~♪

スイーツで英気を養ったあとはパンダのオブジェ展を観に日本橋に移動。
丸っこい木製のパンダさんたちは良い香りがして、脱力のポーズがほっこりしてて、観てるだけで癒される感じ。
こちらは陰陽道のマークをヒントに創作されたという通称「パンダ玉」w
1003image.jpg

和歌山の双子チビパンダに会いに行きたくなるわ~♪…でもちょっと遠いから、この際さくらパンダの生おねだりダンスでもいーやw(参考映像はコチラ
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
満開の桜並木は降り積もった雪のごとし
2010-04-04 Sun 00:53
  A HAPPY EASTER!!

今日は晴天の下、招待券いただいたボルゲーゼ美術館展が本日終了につき慌てて友達と上野へGO!!
上野は桜が満開★ 花見客がわんさかいて、美術館へたどり着くのもひと苦労; 人また人の桜並木はまるで初詣の明治神宮か!?ってほどの混みよう。
美術館に着くころにはすでに疲れきってたりして(苦笑)

美術展はカラヴァッジオとボッティチェリとギルランダイオの絵が印象に残ったかな。
やっぱ巨匠と称される画家の作品はその他の画家の作品とは違うな~、と改めて思った。あ、これ、スゴイ!と思って作者名を見ると、やっぱ名の知れた画家の絵なんだよね。

美術館を出て、科学博物館?の前にあった巨大なクジラ。でかっ。実物大?
201004031530000.jpg

上野の桜。
201004031524000.jpg

カフェで一休みしたあとは、散歩がてらてくてく歩いて神保町へ。
途中、アキバで見つけた四位一体の広告(ピンボケ~)。じつは街なかでは初めて見た!(このあと神保町でも目撃)
201004031714000.jpg

そして神保町のロシア料理屋にてディナー♪
ボルシチ。寒いロシアにふさわしく熱々であったまる~。
201004031756000.jpg

大好きなペリメニ★(ロシアの水餃子みたいなもん) これは新宿のス●ガリーのほーが美味すぃな~。
201004031807000.jpg

ピロシキもちょいイマイチかなー、もごもご;
201004031807001.jpg

でもどれもビールのつまみにはグー。

その後、近くの神田教会にて復活徹夜祭(実際徹夜するわけでわない;)にあずかり、心身ともにあったまり帰宅の途へ。

参考までに昼間の神田教会内部。
kanda-021.jpg
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
受胎告知
2010-03-25 Thu 21:53
めでたし聖寵満ちみてるマリア、主御身とともにまします
御身は女のうちにて祝せられ、ご胎内の御子イエズスも祝せられたもう
天主の御母聖マリア、罪人なる我らのために
いまも臨終のときも祈りたまえ Amen+
                     ~天使祝詞(AVE MARIA)~


カトでは今日3/25を、聖母マリアが大天使ガブリエルからジーザスの懐妊を告げられたことを祝う受胎告知の祝日としています。
最近では↑の祈りも口語文になったんだけど、文語に慣れきった私はこっちしか覚えとらん;
口語のときは教会備え付けのアンチョコ見てます(苦笑)
個人的には文語のほーが趣があって好きです。


以下、ANGIE選定受胎告知美術館(笑)をどぞっ★
いずれもドラマティックですね。なかには頭かいて「あちゃー」みたいなマリアさんもいますが(^_^;)
ちなみにこの占いによると、私の守護天使はガブリエルらしい♪

14-7.jpg
tiziano.jpg
10185353.jpg
the_annunciation.jpg
20070403_270521.jpg
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
NO MAN'S LAND@フランス大使館旧庁舎
2010-01-17 Sun 00:36
今日は友達と広尾のフランス大使館旧庁舎で開催中のイベント、NO MAN'S LANDへ。

20代のころ旅行会社に勤めていたことがあり、当時フランス入国にはビザが必要だったため、よくここまでビザを取得しに通ったもんだ。それ以来の再訪。
百聞は一見にしかずーー以下、気の向くままにパチリ★

入口には段ボールでできたゲートが。
201001161447000.jpg

たしかルーアンの美術館にわらわらいた天使ネコがココにもお出まし。
手前に映ってる枝は中庭にあった立派な桜の木(赤い縄がぐるぐる巻き付けられてた。これもアート)。梅と間違えたら傍らで庭を整備してたおにーさんに桜です、と正された(^_^;) おにーさん曰く、旧庁舎解体とともにこの木も切られちゃうんだとか。もったいない~!
201001161503000.jpg

壁にはりつくトリコロールのバゲット。まずそう(笑)
201001161506000.jpg

同じ部屋にあったトリコロールの椅子。こっちは許せる★
201001161507000.jpg

フランスのセッ●スシンボル、BBことブリジット・バルドー。
201001161507001.jpg

なぜ? なぜこの2文字?(笑)
201001161508000.jpg

ターコイズブルーが美すぃ★
201001161511000.jpg

これもまた美すぃ★
201001161525000.jpg

わかりにくいですが、アクリルの筒の中をひとひらの羽毛が風力でアップダウン。いっせいに上がるとまるで羽の噴水みたいでしばし魅入る。
201001161527000.jpg

最後にゲートをクローズアップ。
201001161534000.jpg

ちなみにこちらが隣接するフランス大使館新庁舎。ぴっかぴか~♪
201001161535000.jpg

夜はお芝居を観に天王洲へ。それについては別記事にて。

別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
今日もしばし耽溺
2009-12-21 Mon 23:10
昨日の勢いに乗じて、今日も仕事帰りに気になる1本「松井冬子下図展」を鑑賞してきました♪
(画廊へ行く途中武道館への道を通るんだけど、今夜はどーやら矢●永吉ライブだったらしくタオルもったおにーさんや白スーツのおにーさんがわらわら会場入り。傍目からは私もそっちと間違われたかしらん?・苦笑)

以前、NHKにて放映された彼女の特番を拝見し、緻密な作品もさりながらその美貌や居住まいに惚れ惚れ。
以来、彼女の描いた原画を見てみたいな~と思ってたんですが、よーやく展覧会があるときき足を運んだ次第。
下図はわずか7、8点と本当にこぢんまりした展覧会だったけど(画廊自体が小スペース)、その分1点1点じっくりと堪能させていただきました。
間近で見た植物の線画は、線の1本1本、水が流れるような滑らかな曲線を描いていてウットリ★
後ろ姿の女性裸像は背骨や内臓などが見えていて、グロテスクな題材なのにまったくそう思わせない流麗さ。
人間の骨とか臓物って精巧なARTなんだと開眼させてくれる。
犬に足元を食いつかれそうになり、長い黒髪を鳥たちに引っ張られながら逃げる全裸の女性。
犬や鳥の躍動感にしばし目を奪われる。緊迫感に満ちた襲撃の瞬間。

買いそびれていた松井さん特集の「美術手帖」、サイン入りのものが売っていたので迷わずゲット★
200912212243000.jpg

うち帰って見たら定価は1600円なのね;
まあ、サイン代というより小銭で釣銭出すのが面倒だからキリのいい値段にしてるのかなとも思われ+α価格でした。


美術手帖 2008年 01月号 [雑誌]美術手帖 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/17)
不明

商品詳細を見る


コレは私が見逃してたテレビ映像。なかなか興味深いのでペタリ。


別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
ここんとこ行きたい展覧会が目白押しなので
2009-12-20 Sun 21:04
今日はARTな1日を過ごすべく、展覧会の梯子♪

まずは浅草橋にて開催中の二階健写真作品展へ。
その前にその界隈でランチを…と食べ●グで事前に調べて、まあまあ良さげだったアルザス料理を出すというビストロへ。
これがとっても残念な店だった。まず入店のとき、ギャルソンが無言。一人であることを告げると、無言のままテーブルを見つつしばし思案してから(内心、予約しないといけなかったの?と思ったほど)配置を替え始めた。
そして二人がけにしたテーブルを指し示し「どうぞ」とよーやく一言。
ほどなく一人の老人が入店。常連らしく、ドアが開くと同時に「こんにちは~、いらっしゃいませ」とギャルソンの態度が豹変。
「いつもありがとうございます~」とか言いつつ、コートを預かってる。よくよく見ると入口脇にコート掛けが。
私のときはそんなことしてくれなかったので、脱いだコートは椅子の上だよ。
その次に入店したおひとり様の女性もどーやら何度か来てるよーで、またまたギャルソンの態度が老人のとき同様フレンドリー。ワガママもといイレギュラーなオーダーにも柔軟に対応してる様子。
私の隣席に案内するときはちゃんとテーブルひいてあげてるし。なに、この違い。
そんな高級な店でもないのに、一見さんには冷たい店なのか。店名がフランス語で「親切」ってのがまた皮肉だね。
裏通りという場所柄もあり、地元客が多い店の悪い面が出てて居心地悪いことこのうえなし。ってことでもー2度と行きませんわ凸 まあ、浅草橋自体そうそう行く場所でもないけど。
ちなみにお味のほーはスープがめちゃ塩辛いのと対照的に、メインのチキンは薄味とはコレイカニ。いっちゃん美味しかったのはコーヒーかも(苦笑)

食べ終わると早々に店を後にし、気持ちを切り替えてお目当ての展覧会へ★
入口にはVからのお花が(あとSUGIZOさんからのもあった)。
200912201357000.jpg

会場内は撮影禁止なので、外のショーウインドウにあった作品の一部をパチリ。
200912201357001.jpg

会場は「天国」の2階、「地獄」の1階の順に鑑賞する仕組み。
どっちのフロアとも二階ワールド炸裂。とくに1階のほーは猟奇的かつ病的な世界感で、はいでぃが「もう頭どーかしてるよっ」と言ったイミがよくわかった気がする(笑)
もーちょっと作品数多かったら良かったかな~。あっちゅーまに観終わっちゃったよ; 会場がそれほど広くないからしょーがないのかな。

そして次なる目的地は池袋西武で開催中の「萩尾望都原画展」
200912201610000.jpg

こちらは思った以上の作品数で大満足! しかもデビュー作から最新作まで網羅。
これで500円(クラブオン会員価格。通常は一般700円)なんてもーしわけない感じ。
学生のころ夏休みとかにデパートで原画展やサイン会をよくやってて、足繁く通ってた際観たことある原画もたくさんあって、すごく懐かしかった。と同時に、あーあれからずいぶん年月が経っちゃったな~…なんてセンチメンタルな気分になったり。
好きな作品のネーム(=セリフやト書きのこと)はけっこー覚えてて、自分でもビックリ。
なんたっていちばん多感な思春期のころにハマってたんだもん、そりゃ影響力強いのもムリはない(^_^;)
古い原画も劣化せず保存状態ヨシ。そして発色が当時雑誌で観て記憶していた通りで、原画に忠実な色を再現する印刷技術にも感心。

以上、ART満喫の休日でした♪
別窓 | ART | コメント:2 | トラックバック:0 
ベルギー幻想美術館@Bunkamuraザ・ミュージアム
2009-10-24 Sat 23:49
明日までの美術展、お芝居の前に駆け込みで鑑賞★
卒論でフランドル絵画の某画家を取り上げた私、やっぱベルギー方面は好きみたいです。

今回、マグリットの作品もけっこーあったけどそっちはイマイチ好みじゃなく、クノップフに代表されるタッチの幻想絵画が好み♪
全体的に夢のなかの出来事や風景といった雰囲気の絵が多く、解説を読んでじーっと見てるとなんだか不思議なキモチになる。他人の夢のなかに入り込んじゃった、みたいな感じ?
そして、ひと昔前の少女漫画にこんな画風の人いたな~と思い出した。きっと彼女たちが幻想絵画の影響を受けたんだろーけど。
とくに重なったのが、独特の画風と不条理なストーリーで当時天才と称された岡田史子という漫画家さん。人気の最中に筆を折り、だいぶ経ってから復活したんだけど、その後どーしたのかな。私もいまはすっかり漫画から足を洗っちゃったんでよくわかんないですが。

↓クノップフ作「ヴェネツィアの思い出」
4a9e66312ee92.jpg

↓買ったものチラ見せ。
1024image.jpg
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
ココロとカラダに栄養を
2009-03-22 Sun 00:41
今日は友達とart三昧。
まずはもーすぐ終わっちゃう「チェ39歳 別れの手紙」を鑑賞。
こないだ観た28歳のほーが面白かったな。
山中での銃撃シーンが多くて、そればっかりだった印象で。
最後もあっけなかった感じ。
エンドロールのときも敢えての無音?
最初から最後まで、淡々とした映画でした。

映画鑑賞後は、チーズラーメンがあるときーて近くの札幌ラーメン屋に行ってみたけど、期間限定?でもーやってないとのことでがっくり
仕方なく頼んだひさびさの塩バターラーメンはやっぱウマウマでした(塩辛かったからあとでノド渇いたけど) でも1000円ってイイお値段だわ~。

それから目黒へ移動し、前々から行ってみたかった目黒雅叙園の百段階段にて開催中の平山郁夫展へ。
正直、展示作品より百段階段の各部屋の装飾に目を奪われる~★
ちなみにココ、「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルとなった建物です。
hyakudan02.jpg
img_stair.jpg

ガイジンさんが見たら大喜びしそーな、装飾過多気味の内装にきょーみしんしん。
全部屋見終わって階段を下りてくるときに、階段の数を確認したのは言うまでもありません。ちゃんと百段ありました
鑑賞後、雅叙園内のカフェでお茶。
4階まで吹き抜けのガラスの天井と広い窓越しに見える滝、ひろびろしたソファ席に案内されて開放感満点
200903211626000.jpg

あんみつ&ところ天セットをオーダー。
甘味の合間にいただくところ天がイイ感じ♪
200903211629000.jpg

その後、美味しいと評判のインド料理屋にてディナーするため銀座に移動。
チーズクルチャ(チーズ入りのナン)、温野菜、バターチキンカリー、パスマティライス(細長くてパラパラのライス)が美味♪
近々再訪の予定なので、フォトはそのときにでも。
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
没後40年レオナール・フジタ展@上野の森美術館
2008-12-09 Tue 01:11
展示数多いし、なにより好きな画家だからじっくり見てたせいか見応え充分!
1点1点見入ってたらあっちゅーまに時間が経ってて閉館時間目前、最後の小部屋は駆け足で見ざるを得なかった。

やっぱFoujita、好きだ~♪ フランスの画壇を魅了した彼の描く青磁のような白肌は、まばゆいほど輝いてた。そして衣が幾重にもドレープするさまとか、聖画の上方に対で飛んでる天使の描写とかがフランドル絵画をなぞらえてて、また好み★(←卒論テーマがフランドル絵画方面だった人)
聖母のモデルは晩年に再婚した歳の離れた奥様らしく、写真の彼女とよく似ている。フジタはバツ3か4くらいで、そのときどきの奥様をモデルにしてるのね。若いころは外国人の妻を裸婦として多く描いてた模様。

以前開催されたフジタ展で買った絵葉書をマグネットで冷蔵庫にはっつけてるんだけど、その絵が今回来てて(前回も来てたのかな?? 記憶曖昧)新たな発見をして思わずにんまり。フジタが合わせた両手の先が、なんと聖母のマントを挟んでひっぱってるのよ。キレイに広がるよーにと黒子みたいに(笑) ちょっとしたユーモアじゃないですか? いや、聖母信仰が篤いことを表したいのかな? ま、どっちもでしょう。

コレが絵葉書(相変わらずボケボケでスミマセン)。左のおじさんがフジタで右が奥様。
200812090040000.jpg

フジタの晩年のアトリエを再現した一画も良かった。
その前にじーっと佇んでると、なんだか本当にアトリエにいる気分になったりして。

ランスに行ったとき、大聖堂からちょっと距離があったし帰りの電車のこともあり行かずじまいだったフジタ作の平和の聖母礼拝堂も映像だけど見れて良かったっす♪
別窓 | ART | コメント:0 | トラックバック:0 
| COMME AU CIEL | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。